レコードをめぐる冒険

手頃なジャズを中心とした中古レコードの購入記録です

My Funny Valentine/Miles Davis (久しぶりの痛風発症)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

週明けからなんとも冴えません。先週何年かぶりに痛風が発症しました。水分を大量に摂取しだいぶ緩和したのでしたが、調子に乗って色々と出かけていたところ再び痛みがあり週明けから静養しています。静養といえ頭は冴えているので家で仕事をしております。しかし病気になると不安になります... 私の痛風は遺伝性のものらしく油断すると節制していてもなるときはなります。困ったものです。

 

こんな冴えない気分には少し思索的時間を過ごすべくマイルズ先生の名演に聞き入っております。先だって新宿のディスクユニオンで購入した5枚のうちの1枚。盤質はAでノイズも少なく問題なしです。

f:id:Yamatai:20171113151918j:plain

曲目は...

Side A 

1. My Funny Valentine

2. All of You

Side B

1. Stella by Starlight

2. All Blues

3. I Thought About You

 

1964年2月12日、ニューヨークのリンカーン・センター・フィルハーモニック・ホールでのライブ盤です。同時で録音されたアルバムにFour&Moreがあります。こちらも欲しいレコードリストに入れておきましょう...

 

メンバーのご紹介です。

マイルズ・デイビス/トランペット

ジョージ・コールマン/テナー・サックス

ハービー・ハンコック/ピアノ

ロン・カーター/ベース

トニー(アンソニー)・ウィリアムズ/ドラム

 

ライブ盤なのでさすがに各曲10分を超えるものばかりです。こういったライブ盤、ジャズの醍醐味を感じることができます。聞き流すのはもってのほかです。

 

アルバムを通して感じられるのは印象的なピアノの音色。名匠ハービー・ハンコックであります。今まであまり熱心に聞いたことがありませんでした。さすがにマイルズに抜擢されただけのことはあります。繊細で抑揚の効いたビル・エヴァンスを思わせる音色、フレージングが印象的です。

 

マイルズ・デイビス、あまりにメジャーなアーティストですが当たり前にすごい音楽作品を残してくれているものです。その音色の表現力、繊細さ、優しとというよりは孤独な魂の叫びのような音色が痛風の痛みを和らげてくれることはありませんが中々、身が引き締まる思いで聞いております。ライブでこの演奏のクオリティは... ちょっとすごい... このライブ会場もし自分がいたら人生観が相当変わったかもしれません。

 

普段は音楽を聴いて癒されることが多いのですがマイルズの音楽には背筋をピンと伸ばして凛として聞き込めと背後に込められたメッセージ、挑発のようなものを感じます。本当の意味で硬派な音楽の探求者のように感じます。

 

しかしこの痛風の痛みで身動きがとりにくい時にこのアルバムを聴いて一番の収穫は余計なことを考えず音楽に没頭することができたこととも言えます。やっぱり音楽に対してもっと凛と向き合わねばならない気がしています。

 

痛風も久しぶりですがこれを機会にいろいろ考えないと... 

体のケア、モノを整理したり、稚拙ながらも知見を活かした... 何かを始める... 

ちょっとスタートでこけた週明けでしたが収穫もあったと思います。

では!