レコードをめぐる冒険

手頃なジャズを中心とした中古レコードの購入記録です

The Swinging Guitar of Tal Farlow

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちは...

痛風はようやく小康状態でここ2日、外回りをしました。やはり足に問題があるとエスカレーターを探したり電車の空席に座ろうとしたりします。しかも痛風とかが理由だとあまり同情されません。贅沢しやがって... と会う人には思われている気もして... 捻挫したとか嘘言おうとしても不思議に罪悪感を感じて言えなかったり(嘘をつけない性格です)... それにしても痛風だけでこれだけ人間後ろ向きになるのだと感じたここ何日間です。

 

今日は内勤の仕事。気乗りしない仕事は早く片付けレコードを聞いて一休みであります。ご紹介は先日の購入したものでなく実は一昨日の帰り中央線を御茶ノ水で下車、なぜかディスクユニオンのjazz TOKYOに痛む足を向けていました。我ながら常道を外れた行動に出たものです。

f:id:Yamatai:20171117141447j:plain

久しぶりなのでやはり行かないと... そんな悪魔の声に素直に頷いてしまいました。

 

さてさてTal Farlow、タル・ファロー。壮絶なテクニックを持った、パット・マルティーノなどにも多大な影響を与えた伝説のジャズギタリストであります。 このアルバム、ポリドールが製作し当時2300円で販売されていたようです。Aランクで音質良しです。ジャケットもきれいな状態で日本語のライナーノーツは1969年に書かれた油井正一さんの物です。

 

曲目は

SIDE 1

1. Taking A Chance on Love

2. Yardbird Suite

3. You Stepped Out of A Dream

4. They Can't Take That Away from Me

SIDE 2

1. Like Someone in Love

2. Metor

3. I Love You

 

構成は昔はパーソネルと言われていますがタル・ファーローとピアノにエディ・コスタ、ベースにヴィニー・パークとちょと変わって編成であります。ピアノがユニークなパーカッシブなスタイルで好き嫌いの分かれるところですがタル・ファーローのギターのスタイルと相似した絶妙なインタープレイを聞かせてくれます。

 

タル・ファーロウ、キャリアの中で10年のブランクがあったそうで彼の神業に脱帽したジム・ホールやバーニー・ケッセルが熱心に復帰を促すためにニュージャージーの彼の元を何度も訪れたそうです。ちなみにこの期間は本業のペンキ屋さんに戻っていたみたいです。

 

このアルバムは1957年発表の彼が隠遁する以前の数少ないアルバムの一枚です。

 

この動画は復帰後のトミー・フラナガンとレッド・ミッチェルとのトリオ編成の演奏です。これ何気にすごいメンバーであります。タル・ファーローのギター17インチのフルアコだと思われますが彼のセーターのカラーがまたでかいのと手が相当大きいと言われていたのでサイズ感が全くわからなくなります。またその指板を動き回る手がオクトパスハンドとも言われていたそうです。


Tal Farlow - Fascinating Rhythm

 

これだけの神業を持つ彼もレコーディングされた音源が少ないのとやはり10年のブランクがあった為なのか他の同年代のメジャーなギタリストに比べて影が薄いです。ウエス・モンゴメリーと並ぶジャズギターの巨人にであることに間違いはないと... 

 

個人的にはちょとジェフ・ベック的な立ち入りにくいタイプかと感じたり... やはりもうちょっと情緒を感じるギタリストが好きであります。すべてのアルバムを聞いたわけではないので分かりませんが... このアルバムに関してはもっと聞き込んでいくと違った印象がわくかもしれません。結構車の中で聞き流してみたい気もします。

 

それでは... 

断捨離... カメラを処分しました.. さよならα7...

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こんにちは!

Sony α7関連の記事、結構アクセスいただいておりましたが...

一身上の理由でSonyのカメラシステム、レンズ35mm、85mm含めて数週間前に売却いたしました。主たる理由としてはLeica M-Dをしばらく真剣に使用してみて、これで十分だと... あと実は大きいのはiPhoneで結構でも十分だったり... 

 

しかし我ながら大胆なことをしたと思っています。後悔はしていませんがα7s、動画も綺麗に撮れたし... 

yamatai.hatenablog.jp

しかし動画もiPhoneで... そもそも動画を撮ってあとで見ることが少ないのも事実であったりするので... 

 

写真を撮ることは好きである事には変わりませんが... Leicaでよく撮れた写真がやはり自分が撮りたかったイメージに近い... α7sは歩留も高く使いやすいのですが、つまりは良いカメラには違いありませんが... 何かおもしろくないと感じていました。実際、取材の仕事でメモ程度で撮った写真が意外に好評で記事中に採用されたりしたこともり、その性能は侮れないのですが...

 

デジタルカメラも随分と手を出してきましたが... そろそろ終のカメラLeica M-Dと濃い時間を過ごそうかと... 

f:id:Yamatai:20171114143521j:plain 

yamatai.hatenablog.jp

yamatai.hatenablog.jp

 

写真に関してはこのブログでないところで何か考えていますが... 未定です。

今後、このブログはレコードに絞り込みたいと... 思っています。

何それ以外の記事は削除しておこうかと思っています... 

 

それではちょっとしたご報告でした...

 

My Funny Valentine/Miles Davis (久しぶりの痛風発症)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

週明けからなんとも冴えません。先週何年かぶりに痛風が発症しました。水分を大量に摂取しだいぶ緩和したのでしたが、調子に乗って色々と出かけていたところ再び痛みがあり週明けから静養しています。静養といえ頭は冴えているので家で仕事をしております。しかし病気になると不安になります... 私の痛風は遺伝性のものらしく油断すると節制していてもなるときはなります。困ったものです。

 

こんな冴えない気分には少し思索的時間を過ごすべくマイルズ先生の名演に聞き入っております。先だって新宿のディスクユニオンで購入した5枚のうちの1枚。盤質はAでノイズも少なく問題なしです。

f:id:Yamatai:20171113151918j:plain

曲目は...

Side A 

1. My Funny Valentine

2. All of You

Side B

1. Stella by Starlight

2. All Blues

3. I Thought About You

 

1964年2月12日、ニューヨークのリンカーン・センター・フィルハーモニック・ホールでのライブ盤です。同時で録音されたアルバムにFour&Moreがあります。こちらも欲しいレコードリストに入れておきましょう...

 

メンバーのご紹介です。

マイルズ・デイビス/トランペット

ジョージ・コールマン/テナー・サックス

ハービー・ハンコック/ピアノ

ロン・カーター/ベース

トニー(アンソニー)・ウィリアムズ/ドラム

 

ライブ盤なのでさすがに各曲10分を超えるものばかりです。こういったライブ盤、ジャズの醍醐味を感じることができます。聞き流すのはもってのほかです。

 

アルバムを通して感じられるのは印象的なピアノの音色。名匠ハービー・ハンコックであります。今まであまり熱心に聞いたことがありませんでした。さすがにマイルズに抜擢されただけのことはあります。繊細で抑揚の効いたビル・エヴァンスを思わせる音色、フレージングが印象的です。

 

マイルズ・デイビス、あまりにメジャーなアーティストですが当たり前にすごい音楽作品を残してくれているものです。その音色の表現力、繊細さ、優しとというよりは孤独な魂の叫びのような音色が痛風の痛みを和らげてくれることはありませんが中々、身が引き締まる思いで聞いております。ライブでこの演奏のクオリティは... ちょっとすごい... このライブ会場もし自分がいたら人生観が相当変わったかもしれません。

 

普段は音楽を聴いて癒されることが多いのですがマイルズの音楽には背筋をピンと伸ばして凛として聞き込めと背後に込められたメッセージ、挑発のようなものを感じます。本当の意味で硬派な音楽の探求者のように感じます。

 

しかしこの痛風の痛みで身動きがとりにくい時にこのアルバムを聴いて一番の収穫は余計なことを考えず音楽に没頭することができたこととも言えます。やっぱり音楽に対してもっと凛と向き合わねばならない気がしています。

 

痛風も久しぶりですがこれを機会にいろいろ考えないと... 

体のケア、モノを整理したり、稚拙ながらも知見を活かした... 何かを始める... 

ちょっとスタートでこけた週明けでしたが収穫もあったと思います。

では!

 

久しぶりのレコードまとめ買い...

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

新宿のディスクユニオンに久しぶり立ち寄りました。

最近では好きなアーティストのアルバムは結構揃ってきている...

基本的には高価なものは買わない(予算は1000円以下で基本Aランクのもの)など縛りを入れているのでここにきてなかなか買えるものが少なかったりしています。仕方ないですが今回はなかなかの豊作でありました。

 

こちら5枚ゲットであります。

f:id:Yamatai:20171110104102j:plain

(1) Autumn Leaves/Wynton Kelly

(2) To Swing or Not To Swing/Barney Kessel

(3) Poll Winners Three!/Barney Kessel, Shelly Manne & Ray Brown

(4) My Funny Valentine Miles Davis In Concert

(5) Smokin' at The Half Note/Wynton Kelly Trio & Wes Montgomery

 

目下全て聞き込んでいます。勝手気ままな個人的なレビューは追ってあげますがマイルズのアルバム、このライブ盤はとにかくジャケットがイカします。この時代のマイルズがやはり好きかなぁ... 語弊はありますが長く活躍するアーティストは必ずスタイルが進化、変遷... 繰り返しますが聴き手もやはりどの時代が好きか?それは個人差もあり、また時間の経過で好みも変わったりするものだと... 私は今の所、ここらあたりの分かりやすいマイルズが好きであります。

 

バーニー・ケッセルですが先日地元のジャズフェスのライブで演奏されたギタリストの方がバーニー・ケッセルに非常に影響された方でその流れでレコードに手を出してみました。バーニー・ケッセルはジャズギターの始祖とも言えるチャーリー・クリスチャンの信奉者であったと言われているので浅葉さんは言ってみればチャーリー・クリスチャンの孫とも言えるそのスタイルの継承者です。素晴らしい演奏でショート・ライブであったのが残念でしたがまた足を向けたいと思っています。

 

今回はなんと2枚ほど良さげのものがありましたので購入。やはりチャーリー・クリスチャンの流れを汲むそのスタイル... そしてウェスト・コーストの明るいニュアンスがなかなか新鮮です。バーニー・ケッセルですが今まで聴かず嫌いでしたがちょっとファンになりそうな気がしています。

 

そしてウイントン・ケリーであります。特にトリオのライブ盤はかなり状態の良いものが見つかり掟破りの1200円でしたが自分のご褒美に... このアルバム、噂通りウエスのギタープレイが炸裂しています。まさにキレキレのプレイです。

 

さてさ今年も2ヶ月を切りましたが年初にレコードプレーヤーを購入、安物レコード収集を始めたましたが... ここ生きて相当買ったかなぁ... もちろん中古なのでそれほどの金額ではありませんが去年の今頃自分が今更レコードを購入しているなど予想もしていませんでした... 大袈裟ですが人生わからないものです。1年早く過ぎますが1年で大きな変化も起こるものであります。

 

そろそろ今年の総括2017年に購入したレコードを振り返ってみるのも良い機会かもしれません。ではでは...

MR. RTYTHM/FREDDIE GREENN

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

月曜日が来てしまいました。

なんとも3連休後の月曜日は気が重いです。

"全てが終わってしまえば良い"と子供の頃、長い休み明けはとかくブルーでしたが今でも同じです。成長していないのでしょうか... 

 

さてフレディ・グリーンのレコード。2ヶ月くらい前に新宿ディスクユニオンで購入したと思いますが記憶は定かではありません。気付いたらあった... ?ジャケットは恐ろしくペラペラで日本語ライナーノートは裏面に... 定価1100円だったようです。それに反してレコードはちょっと重量のある盤で音質に問題なし。

f:id:Yamatai:20171106121031j:plain f:id:Yamatai:20171106121144j:plain

チャーリー・クリスチャンの出現によりギターがソロ演奏する楽器として重要性が高まった言われていますがリズムを刻む役割が軽視されるわけではなくフレディ・グリーンの歯切れの良いバックキングが奏でるリズムは多くを語ります。

 

 

カウント・ベイシー楽団のリズム・セクションのの最重要人物と評され、そのスタイルは常に正確なリズムと調和するコードワークで楽団に無くてはならないものだったと言われています。

 

 

決してソロを演奏することもなく独特のギターの構えで延々と小刻みよくリズムを刻んだプレーヤーであります。このアルバムではピアノ、サックス、ドラムを効果的に際立たせ音楽として純粋の楽しめる普通のよさがこのアルバムには凝縮されています。ちなみに彼のリーダアルバムは50年のキャリアを通じて2枚だけのようです。

 

もっぱらビッグバンドのギタリストとしてリズムをキープする役に徹し陳腐な表現ですがまさに"いぶし銀"のギタリストと言えます。ギタリストといえばバンドの花形だと思うのが普通ですが... こういった役割もあるのだと... またその味が分かるようになれば立派なジャズファンと言えるのかもしれません。昔の巨人の川相いや土井みたいな存在でしょうか...


1 I Don't Know - Count Basie and Freddie Green

曲目は...

サイド-1

1. Up in The Vlues

2. Down for Douvble

3. Back and Forth

4. Free and Easy

5. Learnin' the Blues

6.Freed Bag

サイド-2

1. Something Gotta Give

2. Easy Does It 

3. Litthe REd

4. Swing Back

5. A Date with Ray

6. When You Wish upon a Star

独学でギターを学び生きていくためにバンド内でも立ち位置を手探りで模索しながら結びついたスタイル... 決して望む姿、夢を追い求めず、いやその余裕もなかったのかもしれませんが考えさせられるものがあります。

 

講釈ばかりで申し訳ありません。このアルバム、難しいことを考えず聞き流すだけでも気分が明るくなります。天気の良い日に散歩しながら聞くと最高であります。それでは! 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

Full House/Wes Montgomery

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

早いもので11月が始まりました。

年末が来ると慌しく時間が過ぎてしまいますがあまり好きな季節ではありません。ちょっと忙しいこの時期、テンションを上げていくにはもってこいのライブ盤をご紹介。かなり強引ですが... 

 

Full House 今年の初夏でした新宿のディスクユニオンで購入しました。

裏ジャケットは黄ばみかけていていますが盤質は問題なし。日本盤で84年にプレスされ2300円で販売されていたようです。この盤、やはり人気アルバムなので割と高めでしたが一応予算内なので押さえておきました。この時、他に4枚購入しましたが全てギタリストアルバムでした。なかなかの豊漁でこんなことは今後もあまりないかと思います。

f:id:Yamatai:20171101082713j:plain

さてこのアルバムジョニー・グリフィン、ウィントン・ケリー、ポール・チェンバース、ジミー・コブとこれ以上ないメンバーで繰り広げられたジャズギタリストとしての珠玉の名アルバムなのは言うまでもありません。

 

アルバムのギター、有名なギブソンのL-5ですが本人の実際に演奏したものではないようです、また余談続きでフルハウスとはトランプゲームのフルハウスらしいですが実際、このアルバムに収録したライブ会場(Tsuboというカリフォルニア、バークレーのカフェ)では入りきれないほど人が溢れかえり、別の意味でフルハウスと言えるタイトルだと裏ジャケットの解説には記載されています。

f:id:Yamatai:20171101085642j:plain

裏ジャケットの写真は有名なジム・マーシャルが撮影したものだそうです。

曲目は

SIDE 1

1. FULL HOUSE

2. I'VE GROWN ACCUSTOMED TO HER FACE
3. BLUE 'N' BOOBIE

SIDE 2

1. CARIBA

2. COME RAIN OR COME SHINE 

3. S.O.S

 

アルバム全編でウエス・モンゴメリーの有名な オクターブ奏法と心地よい音色のギターフレーズが堪能できます。最初に彼の音を聞いたとき全くどうやって弾いているのか見当もつきませんでしたがネット動画や検索していくと彼のピックを使用しない奏法やギブソンのL-5というモデルを使用していることなど知り魅了されていきました。

 

結構レコードも増えてきましたが彼のレコードも常時品薄のようです。ジャズギターを志す人で必ず聴き倒すのではないかと思います。

 

さてさて今年もあと2ヶ月ですが1年が早く感じるどころか10年も早く過ぎますね... まずいというか時間を無為に過ごしている気がしてなりませんが本人はいたってそれなりに真剣です。与太話もここらで... それでは!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

Dark Beauty/Kenny Drew Trio

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

また台風が近づいているようですね... 

朝から雨でテンションが上がりませんがこんな日は無理せず心地よいピアノの音色に癒され1日過ごしたいものです。そんなことはなかなか叶いませんが... 

f:id:Yamatai:20171025134142j:plain

最近ピアニスト続きですがKenny Drewの"If You Could See Me Now"は以前ちょっと紹介しましたが今回のこちらの方がメジャーな存在とも言われている"Dark Beauty"をご紹介。初夏の頃、ディスクユニオンで購入、どの店舗かは覚えていませんがジャッケトはあまり良い状態ではありませんが盤質に問題なし。結構安く買えたのを覚えています。

 

中古レコードもジャケットが崩壊寸前でも盤質がOKであったり、その逆もあったりでしますが... どんなチリチリ、ノイズがする盤も綺麗にクリーニングして聞き込むとそこそこ聴けるようになるのがまた中古レコードの大げさですが醍醐味のように感じます。

 

私のオススメはこちらです。昔スプレータイプのクリーナーがありましたが実はよくないもののだったようで、かつて半ば儀式のようにレコードを聴き終わってジャケットに戻す前にスプレーしていたのですが... 

 

バランスウォッシャー33マスターセット

バランスウォッシャー33マスターセット

 

Side One

1. RUN AWAY

2. DARK BEAUTY

3. SUMMER NIGHT

4. ALL BLUES

Side Two 

1. IT COULD HAPPEN TO YOU

2. LOVE LETTERS

3. SILK BOSSA

4. BLUES INN

ケニー・ドリューといえばハード・バップの代表的なピアニストとして50年代活躍していましたが、その後、70年代以降は北欧に移り従来のスタイルをベースに時代性を取り入れながら数々の名作を残しました。ある意味アメリカでのキャリアを捨てヨーロッパでその才能を開花させたアーティストです。当時、黒人の多くのジャズプレーヤーが渡欧し活動の場所の拠点にした理由は今では考えられない人種にまつわる不当な扱いがまかり通る時代によるものでした。

 

アルバムの参加プレーヤーですがベースのニールス・ベデルセンは1946年生まれのデンマーク人でケニーとの出会いでその才能をより開花したと言われています。ドラムのアルバート・ヒースは日本の秋吉敏子さんのグループにも参加し日本でも有名です。

 

あっさり個人的な感想としてこのアルバム、ケニー・ドリューの最高傑作ではないかと... 同時期の同メンバーによる"If You Could See Me Now"も好きですが分かりやすくこれは良いと思えるのはこちらの"Dark Beauty"だと思います。こちらを聞き込むとこのアルバムの方が濃度が高い気がします。かたや"If You Could See Me Now"は良い意味で本作の焼き直しと感じますが... どうでしょうか?

 

また、このアルバムやはり避けて通れないのはベース、ニールス・ベデルセンの存在だと思います。これほどベースの存在を感じることはないほど... しかし決して不自然でなくベースってカッコいいと単純に思ってベースラインに聞き入ってしまいます。ロン・カーターあたりも好きなプレーヤーですがちょっとまた違ったプレーヤーだと思います。

 

特にケニー・ドリューとの掛け合いが素晴らしいとも言えますがニールス・ベデルセン... これから要チェックしたいと思いました。

 

Jazz系のピアニスト、ウイントン・ケリー、バド・パウエル、デューク・ジョーダン... もちろんビル・エヴァンス... まだまだ深掘りしなくてはいけない感じであります。

 

過去のケニー・ドリュー記事もよろしければ一読ください!

yamatai.hatenablog.jp

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村