そういえば選択科目は音楽でした...

最も長く続いている趣味である音楽鑑賞について幅広く語ります...

レコードをめぐる冒険 (les liaisons dangerous/Duke Jordan)

こんにちはYamataiです。

雨が長く続きますがいかがお過ごしですか?

来週、タイミングをずらして旅行を計画していますが今から天気が心配です。こんな天気に似つかわしい音楽とも思いましたが意外と思い浮かびません。とりあえず取り出したレコードが映画の"les liasons dangerous (危険な関係)"のサントラ盤です。映画は残念ながら見たことがありませんが、昔のフランス映画のようで当時としてはかなり刺激的な内容であったそうです。テーマ曲であるNo Problem (邦題が"危険な関係のブルース")はアート・ブレーキー&ジャズメッセンジャーズが演奏したことで有名となりましたが実はデューク・ジョーダン(Duke Jordan)の作品です。

f:id:Yamatai:20170817090723j:plain

映画では完全に別人の名前がクレジットされ、それに怒ったチャーリー・パーカーの奥さんがデューク・ジョーダンをリーダーにした本作の制作を推したそうです。

 
Les liaisons dangereuses

さて本題とのアルバムですが... この盤は確かお茶の水のDisk Unionで破格で売っていました。盤質も素晴らしく良い買い物でした。曲目です...

Side 1

1 No Problem #1 

2 No Problem #2

3 No Problem #3

Side 2

1 Jazz Vendor

2 Subway In 

3 The Feeling of Love #1

4 The Feeling of Love #1

 

No Problem (危険な関係のブルース)とThe Feeling of Loveのバージョン違いが収録されています。

 

この映画のファン、もしくはデューク・ジョーダンにファンであればオススメでありますがそうでもなければ... どうなのでしょうか?個人的にはNo Problemの#3がちょっとスローで味わいのある演奏で好きであります。

 

この名曲No Problem、Duke Jordanのキャリアの中で何度となく取り上げています。渡欧後、新たなレーベル、ステープルチョイスで制作されたFligtht to Denmarkは彼の長い間のブランクら復帰した第1弾のアルバム、記念碑的な作品と言えます、そこであえて取り上げたNo Problem... 名演です。北欧のもの哀しい雰囲気が伝わってきます。

No Problem

No Problem

  • デューク・ジョーダン
  • ジャズ
  • provided courtesy of iTunes
No Problem

No Problem

  • チェット・ベイカー & デューク・ジョーダン
  • ジャズ
  • provided courtesy of iTunes

渡欧仲間のチェット・ベイカーとの共演版もあります。

No Problem

No Problem

  • アート・ブレイキー
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こちらが本家と思われていたり...

 

デューク・ジョーダン、苦労人で一時は音楽業界を離れタクシードライバーなどでしのいでいた時期もあるそうです。もしこのNo Problemの印税があれば状況も変わっていたのかもしれませんが... 

 

しかしこの不遇の時代を経て後期の彼のプレイはより深みを増していったのは確かだと思います。バド・パウエルの系統のピアニストと言われますが、むしろそのいぶし銀のプレイはライブで見てみたかったものです。そんなことは当然かなわないのでレコードをせっせと集めたいものですがFlight to Denmark、いまのところ良い出会いがないです... デューク・ジョーダンの私が持っている他のアルバムも今後紹介したいと思います。

 

過去記事もよろしければどうぞ! 

yamatai.hatenablog.jp

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

レコードをめぐる冒険 (Facing You/Keith Jarrett)

こんにちはYamataiです。

お盆休みいかがお過ごしでしょうか?私はせっかく時間があるので、ちょっと部屋の整理整頓をしてみたりしています。

 

CDとかも大分、減らしていますが全く聴かないもの結構ありどうするのか思案しています。あとCDは失くしやすいですね... "あれどこいった?"などとやりだすとあっという間に時間が過ぎたりします。

 

本題ですがキース・ジャレット... かなりはまった時期もあり2008年のコンサートにも行ったりしました。立派なホールで高価なチケットでしたがかなり奮発しました。時期的にはキースの長い闘病生活(慢性疲労症候群)からの久しぶりの復帰作”The Melody at Night with You"をリリースした後の来日でもありました。

 

このアルバムは別の機会にレビューしてみたいと思いますがアルバムの中のMy Wild Irish Roseという曲が好きでコンサートではまさか演らないと思っていましたがダメもとでやってくれないかと念じると... 奇跡が! 耳慣れた旋律を聞くと一瞬、耳を疑いました。

 

それがどうしたかと言われるとそれまでですが... こういうこともあるものだと... 奇跡 or 偶然とも言える幸運に恵まれたコンサートで思い出深いです。

 

あとちょっとロックやジャズのライブとは異なる点として... 咳払いなど極力控えるようにと... キースはかなり神経質なので気をつけてくださいと事前の注意もありちょっと違った意味で緊張しました。

f:id:Yamatai:20170814090813j:plain

おっとレコードの話をしなくてはいけません。このFacing You、実は近所の骨董品屋、感じの良いスタンドライトがあったのでそれを買うついでにレジに持って行って... 実は売り物ではなく飾りとしておかれていたようでしたが、ちょっとお願いして譲っていただきました。

f:id:Yamatai:20170814092638j:plain

盤には目に見える傷がありますが意外なことに音に影響が出ていません。このアルバム実はCDでも持っているのですが久しぶりキース・ジャレットを聞いてみようかと... 1971年、マイルズのグループを離れ彼自身の初のピアノ・ソロアルバムであります。このアルバム取り立てて

Side A

1. In Front 

2. Ritooria

3. Lalene

Side B

1. My Lady, My Chirld

2. Landscape for future Earth

3. Starbrght

4. Vapallia

5. Semblence

 

キース・ジャレットを聞き出したのは結構、昔でありがちですが"The Koln Concert"には深く感動しました。こんな美しい旋律を即興で... どのような形容詞も陳腐に聞こえるくらいものすごい衝撃を覚えたのを思い出します。

 

このアルバム、買った当初は何回聞いてもなんとなく理解しがたいとっつきにくさがあります。メロディアスなテーマからガラッと雰囲気が変わり... 曲としてはBGMとして聞いておくにはイラっとして聞き込んでも良さが分かりにく... ある時、遠出する時に車で特に高速道路で聞いているとなんとなくキースの即興的なフレーズが無機質に聞こえて不思議に奇妙ながら心地良く感じ、ドライブの時に聞くようになりました。

 

それ以降キースのCD、相当買いましたが... 現在は実はちょっと苦手です。やはり独特の世界観は私のような非先鋭的な音楽愛好家には敷居が高く感じてしまうのだと思います。独特の唸りも結構、突き放されているような気がして(このアルバムは唸りが少ないと思います)... 

 

当たり前の結論として高尚な音楽は聴き手にもそこそこ要求してくるのだと...

 

でもキース・ジャレット、難解な曲だけでなく心に染み入るような曲も多く、それらに関しては情景反射的に聴きたくなります。ちょっと夕刻、帰宅途中とか... そんな状況でキース・ジャレットの曲が無性に聴きたくなることが結構あったりします。

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

レコードをめぐる冒険 (Bud Powell in Paris/Bud Powell)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

こんにちはYamataiです!

今週はお盆休み前で渋滞する前に秩父に日帰りで遊びに行きました。

川遊び、バーベキュー、シイタケ狩り、流しそうめん、昆虫採集と... 

全部を駆け足で楽しんでまいりましたがちょっと詰め込みすぎですね...

 

ちょっと疲れた日にはピアノの音色に癒されたいものです。

今回のオススメはこちらです!

f:id:Yamatai:20170811072820j:plain

シミの目立つジャッケットですが人気のバド・パウエルのレコードにしては安かったです。盤質もAでこれは数ヶ月前にお茶の水のディスクユニオンで購入しました。

曲目は:

Side A

1. How High The Moon

2. Dear Old Stockholm

3. Body and Soul

4. Jor Du

Side B

1. Reets and I

2. Satin Doll

3. Parsian Throughhare

4. I Can't Get Stsrted

5. Little Benny

*デューク・エリントン作のSatin Doll、まったりしていていい感じです。I Can't Get Startedは1日の終わりに聞きたい味わいの深い名演であります。

 

このアルバムは彼の晩年の作品ですがピークを過ぎた時代の作品だと評価されない向きもありますが個人的には気に入っております。

 

精神疾患を患い、その後パリに移り長く暮らしていたバド・パウエルですが、その時代をモチーフに制作されたのが"ラウンドミッドナイト" で彼のパリでの生活を支えたデザイナーであるフランシス・パウドラが原作を書きました。

 

とかく好不調の波が激しい... 天才肌でありながら全盛であった期間が短いと言われているバド・パウエル、このアルバムに関しては選曲の良さもありますがなかなかの名盤ではないかと思います。

f:id:Yamatai:20170811093134j:plain

唸ります。気になりだすとダメだという方も多い唸りですがキース・ジャレット、オスカー・ピーターソンなどやはり唸りますが個人的には静かに引いて欲しいと思っていまいますが... 

 

私の好きなケニー・ドリューやウイントン・ケリーに多大な影響を与えたと言われますが正直、私にはその真髄と言われる全盛時のプレイをあまり熱心に聞き込んでいないのですがちょっと深掘りしてみようと思います。

レコードをめぐる冒険 (Night and Day/Stan Getz)

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

サックスプレイヤーでコルトレーンと並んで有名なのがスタン・ゲッツですが村上春樹氏も絶賛していることもよく知られています。

ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)

ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)

 

個人的には スタン・ゲッツのレコードはなかなか縁がなく唯一、手元にあるのがこちらです。

f:id:Yamatai:20170807131647j:plain f:id:Yamatai:20170808065351j:plain

Verveからリリースされたアルバムのようですがこのレコード、なんと300円でランクAの割に安いので購入しましたが裏面にはスペイン語で解説されています。

曲目は

CARA A (A面ということでしょう)

1. Body abd Seoul

2. Stella by Stralight

3. Down by The Syamore

4. Pernod

5. Our Love Is Here To Sray

6. Pennies from Heaven

CARA B

1. Night and Day

2. But Beautiful

3. Funkallero

4. Melinda

このアルバムが凄いのは何気にOecar Peterson、Herb Ellis、Bill Evans、Ron Carter、Elvin Jonesが参加しているところです。このアルバムの出自を調べましたが情報が少なくMaestros del Jazzとうシリーズでリリースされた編集盤のようです。どうりで安かったわけです。スタン・ゲッツの1952年、54年、55年、64年の名演をまとめて1枚にしたお気軽スタン・ゲット入門盤みたいな成り立ちが想像できます。

 

しかし負け惜しみではないのですがどの曲も名演でスタン・ゲッツの魅力を簡単に感じ取る事ができます。そいった意味でこの編集盤の企画は成功していると思いますが... 

 

Stan Getz深掘りしたいのですがレコードが中々、高値で推移していてマイルス、エヴァンスあたりに近いような気もしますが中々、買えません。あとチェット・ベーカーとかの中古レコードも中々、高値な印象があります。

 

村上氏の言葉を借りるならば、"そう、ゲッツの音楽の中心にあるのは、輝かしい黄金のメロディーだった。どのような熱いアドリブをアップテンポで繰り広げているときも、そこにはナチュラルにして潤沢な歌があった。"(Portrait in Jazz, P44, 新潮文庫)

 

村上氏がこれほどにも絶賛するアーティストでありながら私生活はひどく荒れていたようです。その荒れ方とは言葉では尽くせないほどのトラブル続くで人間性をも疑われるものを多々あったようですが... しかしその反動が見事に音楽で生かされているのであれば良しとしようと思う人も多いのでしょう...

 

個人的には地味で職人的なアーティスト、アート・ファーマー、ジム・ホール、デューク・ジョーダン、ポール・デスモンドあたりが好みでありますがやはり神格化されているマイルズ、コルトレーン、エヴァンス、そしてスタン・ゲッツあたりの音楽は強く揺さぶられるものがあるのも確かではあります。

 

中々奥深いスタン・ゲッツ、今年後半はちょっと深掘りしてみようかと思っています。

レコードをめぐる冒険 (johnny smith)

こんにちはYamataiです。

今週はちょっと早めの夏休みで1泊旅行に出かけました。

近場の箱根ですが無性にギターの音を聴きたくなりました。

便利なもので出先でもApple Musicではこれといった一曲を選べるのが良いですが天才的な若手ジャズギタリスト、Julian Lage(ジュリアン・ラージ)やBill Friesel(ビル・フリーゼル)を聞いていましたが、家に戻ると無性にJonny Smithが聴きたくなりました。何ででしょうか?

f:id:Yamatai:20170805113159j:plain

取り出したのがタイトルもjohnny smith。これは1967年のアルバムでVerbレコードに移籍した第一弾のアルバムです。ジャッケットにあるギターは彼のシグネチャーモデルでギブソンが製作しものだそうです。レコードは今年春くらいに御茶ノ水のDisk UnionでAランクのものを運よく見つけ購入しました。

 

曲目は... 

SIDE A

1. Memories of You

2. Manha De Carnical (Morning of The Carnical)

3. Here's that Rainy Day

4. Spring Can Really Han You Up The Most 

SIDE B

1. The Shadow of Your Smile

2. Michelle

3. My Favorite Things

4. Golded Earings

5. On A Clear Day

6. The Girl From Ipanema

お気づきかと思いますがビートルズの有名な楽曲、Yesterday、Michaelle、あとはイパネマの娘、Here's That Raindy Dayなどメジャーなジャズスタンダード曲となんとも抜け目のない選曲であります。名曲を名ギタリスト、Johnny Smithが美しく奏でピアノのハンク・ジョーンズとの相性もかなり良い感じであります。

 

実は購入後はあまり聞いていませんでした。こじんまりとまとめられた有名な曲を演奏しているだなぁーと...... なんか退屈な気がしてしまったのが理由です。Johnny Smithですが基本的に原曲に忠実であまり冗長的なソロなどはキャリアのうちでも数少なく、このアルバムでは全11曲のうち9曲は3分以内であります。

 

ライナーノーツを読むと彼がインプロヴィゼイションよりオリジナル曲を大切にし作者の意図のアレンジに徹していたようです。それが彼の美学でもあり磨き抜いた音楽描写を目指していたギタリストであったようです。

 

50~60年代に活躍しながらがで70年代のジャズギターブームの時代には作品を発表すらしなかったようです。音楽は彼の人生でありながらも音楽産業には一線を引きコントロールされることを許さなかったのが理由とも言えますが本当の意味でギターの神様なのかもしれません。

 

決してインプロヴィゼイションとかすごいと思う反面、ちょっと聞いてて疲れる時も正直あります。おそらく疲れている時だったり... やはり聞き手の集中力も要求するんですかね...

 

多分旅行帰りの疲れに無意識にJonny Smithのスタイルのちょっと美しい音色のギターを聴きたくなったのかもしれません。

 

彼のテクニックはジョージ・ベンソンやパット・マルティーノなど後世のギタリストに随分影響を与えたましたがその凄さを前面に押し出さない奥ゆかしさがちょっと職人的でここにきて私にもわかるようになった気がします(テクニックでなく音楽的な良さという意味です)。

 

彼のレコード、集めてみたくなりましたがこのアルバム以外はそれほど見かけないような気がしています。となるとCDでも良いので欲しい... いやApple Musicで我慢するか思案しどころです。

CDをめぐる冒険(Italian Graffiti/Nick Decaro)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

夏生まれですが加齢ととも夏嫌いが進む一方です。最近は冷えたビールも控えています... 

 

さて久しぶりのCDのお話であります。

しかもAORです。AORってくくり方がどうも今となってはしっくりこない気がしますが... 60−70年代にロックを聴いた世代が少し大人になってから聞くソフトでメローなロックとでもいうようなくくりでしょうか?でポップスとどう違うのかと言われると全然わかりません。

 

個人的にはこのジャンル、30年も前となりますが大学生以降、よく聞いていたというか聞き流していました。昔のデートの定番はドライブでそのときかける音楽となるとこの手のものです。そうです... 初デートの時にいくら好きだらと言ってクラプトンとかジミヘンをかけるのはリスクが高いと感じていました。

 

AORのお気に入りといえば... 

ボズ・スキャグズ、ネッド・ドヒニー、ビル・ラバウンティーあたりですか?

実はその気になればバリー・マニロー、エア・サプライ、エリック・カルメンあたりもイケる口です。J-Popではブレッド&バター、山本達彦、当然、山下達郎あたり好きです。来生たかお好きです。あとポール・デイビスとかもそうですかね... 

 

さてさてこのニック・デカロの作品、Italian GraffitiですがAORの始祖的な名盤として高く評価する人が多いです。ジャンルはともかく私もこのCDだけは長年、愛聴しています。裏を返せば年を取っても聞ける... と言ってネック・デカロを深掘りするほど他の作品を聴いてはいません。そうですね... 基本プロデューサー、アレンジャーで自身は寡作の方でありました。

 

本人は25年前に他界されました。

f:id:Yamatai:20170731124111j:plain

ジャッケットには本人登場です。凛々しい蝶ネクタイです。

f:id:Yamatai:20170731124158j:plain 

直筆のメッセージとサインは当然、印刷されたものですが... 

確かにお気に入りの1枚となりました。

では曲の紹介です。

1. Under The Jamaican Moon

2. Happier Than The Moring Sun

3. Tea for Two

4. All I Want 

5. Wailing Wall

6. Angie Girl

7. Getting MIghty Crowded 

8. While The City Sleeps

9. Canned Music 

10. Tapestry

2、6曲目がステーヴィー・ワンダーのカバーどちらも珠玉のアレンジです。全曲素晴らしいですがあえてランディー・ニューマンのカバーの8曲目とラストのTapestryが好きであります。Tapesryの歌詞に込められた意味が分かりませんが... 訳しただけでは分かりかねる深い意味がある曲なのだと思います。対訳が付いていますが解釈が難しいです。Tapestryとはキャロル・キングの曲(同名異曲ですが)もそうですが、人生を指していたりするのでこのケースもおそらく... この曲の歌詞、ちょっと調べてみたくなります... 

 

このアルバムでオリジナル曲はないのですが全体を通してニック・デカロの世界が構築されていて選曲、アレンジがすごい上手いんだろうと... 

 

しかもうれしいことに全曲本人による曲目解説があり、アルバムの理解が深まります。ニック・デカロ、ライナーノーツ(1991年11月・中田利樹氏)にありますがシティ・ミュージックの先駆けであり、ジャズ、ソウルのエッセンスを加える... がこのアルバムのコンセプトであった.. なるほどポップスとの違いが少しわかったような気がします。

 

このCD、おそらく残りの人生も定期的に聞くのではないかと... 確信すら持っています、そして無人島に1枚しか持っていけない時の候補になるアルバムであります。

レコードを聴くことについて...

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

最近ここに至っては音楽鑑賞のカタチですが随分と多様にわたるものです。

例えば...

  • 部屋のオーディオプレーヤーでCDを聴く
  • 部屋のオーディオプレーヤーでレコードを聴く
  • 部屋でiPhoneで音楽を聴く
  • 外や電車の中でiPhoneで音楽を聴く
  • 車のカーステレオでCDを聴く
  • 車のカーステレオでラジオを聴く
  • 出先のカフェやレストランでスピーカーから流れる音楽を聴く
  • ライブを聴きに行く

他にもあるかもしれませんが思いつくところこんなものかなと思います。

あと飛行機で航空会社が提供している音楽プログラムともありますがこれはあまり積極的に利用しなしので... 微妙です。

 

本題のレコード鑑賞... 今年突然復活したレコード収集... もっぱら古いJazz系で予算は1000円以下という縛りで決してコレクター的な方向性ではなくもっぱら楽しみを求めてなのですが...

 

最近レコードを聴いて感じることですが...

 

ちょっとした労働を要求する...

片面が終わると裏返さなければなりません...

レコードはやはり音楽を聴くということに集中することを要求しているメディアではないかと思ったりします。昔のフォトグラファーが新しいをフィルムを装填するようにレコードをプレーヤーに置いてA面が終われば裏がえす... 聞き終わってジャケットに丁寧にしまい込む。私のレコードプレーヤーは自動でスタートするので針を落とす・戻すといった所作は要求しませんがこれも実は手掛けたくなってきました。

ノイズ

あとプチっとノイズがあると埃や塵を取り除くべく大事に拭き取ったりしますがCDでそんなことしたことないような気がします。そんなこんなでレコードを物理的に労らなければならない気にさせます。プチノイズひょっとして話しかけているのかと思うこともあります。

ライナーノーツ(大抵黄ばんだりシミがついている)

昔は熱心に読まなかった気がしますが。レコードのライナーノーツ、今、読むとなかなか新鮮です。どれも20−30年前のものが多いのですが由井正一さんの解説だったりすると、多くのプレーヤーとの交友も実際あった方のようでリアルな話が綴られていて役に立ちます(なんの役かは判然としませんが)... 

 

レコードを久しぶり聞きようになり何か不思議な気分に浸っています。懐かしいというより新たな発見があるような気がしています。

 

若い人には全く意味不可解な行為だと思いますが、いや分別のある大人であればそんなこと思い過ごしだとおっしゃるでしょうが... AIだとかIoTとか世の中どんどん進化しているのにレコードに回帰して新しい領域の音楽、私の場合は古いJazzですが... レコードを通して積極的に聞いているのもかなり風変わりではあります。

 

カセットテープも復活しているらしいですが... 値段が意外と高いのとプレーヤーがあまりないのがネックでしょうか?これからますます古いアイテムが再評価される流れが続くのか?興味深いですが... 

 

あと昔のレコジャケの喫煙率の高さを感じます。そのうち子供に悪影響だとか... 誰か言わないで欲しいものです。あと新譜のレコードも最近あったりしますがどうも食指が動きません。高いのと... んーなんだろう... よっぽど気に入った盤でないと... 中古レコードのコスパにやられてるだけなのかもしれません。

f:id:Yamatai:20170727071041j:plain

アート・ファーマーのレコード、絶賛買取中です...