読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamataiの日記

60年代生まれ好きな音楽、本、写真、モノとか脈絡なく綴ります...

さよならAl Jarreau...

jazz 音楽

こんにちはYamataiです。

いきなり悲しいお知らせをお伝えしなければなりません。

news.yahoo.co.jp

76歳ですか ... 早すぎます...

アル・ジャロウ公式サイトは以下...

Al Jarreau | The Official Site For Al Jarreau - 7 Time Grammy Award Winning Jazz / Crossover Legend!

2/12日に病院で夫人、家族、親しい友人に見守られながら旅立たれたようです。

リンク内のコメントの中で...

彼は人生の2番目に大切なものが音楽であり、そして、それ以上に大切にしていたものが、それを必要としている人の心を癒すことだったそうです。精神、肉体、その他の理由で苦しんでいる人の心に歌で安らぎを与えることを人生で最も大切にしていました。

 

また家族より献花等を送りいただくならばむしろ下記、教育機関、Wisconsin Foundation for School Musicの音楽教育者、学生の為の奨学金に寄付をいただければ幸いですとの旨、伝えられています。

http://foundation4schoolmusic.org/lifetime-achievement-award/al-jarreau/

 

悲しですね... しかし彼の功績を私が語るにはおこがましいですが...

僭越ながら個人的に思いのある曲をリストアップしてみました。 

 

アル・ジャロウさんの名曲の一部を独自に選んで紹介します。

 

After All 

20代、必ずドライブの終盤に聴く曲がAfter All。

素晴らしいラブソング、名曲です。

是非、プロポーズの際、歌いましょう!

決して隣に座る彼女を癒すことはなかった私ですが自分はすっかりこの曲で癒されたものです。


Al Jarreau - After All (Original Music Video)

 

 Mornin'

毎朝聴くべき曲ですかね... ポシティブになれる。

おはようおはよう!

すべてうまくいってるよー!

みたいな歌詞もたまりません。


Al Jarreau - Mornin' - 8/10/2004 - Newport Jazz Festival (Official)

 Moonlighting

これはNHKの遅い時間でも放送していた米国ABCネットワークのTVドラマシリーズ、Moonlighting/こちらブルームーン探偵社のテーマ曲でした。若きブルース・ウィルス出世作でしたが内容は全く覚えていません。この曲を選ぶのは少し躊躇しますが(本格ファンには邪道かもしれないので)敢えてノミネートします。


Al Jarreau ~ Moonlighting

 

Never Givin' Up

決して運命の人と会うまで諦めないぞ!すごいガッツ溢れる歌詞ですが、さらりと歌い上げます。ネバゴナギビネバゴナギビ... と頭を離れません。


Al Jarreau ~ Never Givin' Up (1980 )

 We Got By

デビット・サンボーンが渋いです。まさに泣きのサンボーンの面目躍如といったプレイ。この曲、デビューアルバムに収められている作品ですが歌詞が何を象徴しているのか興味深いですが非常に美しい曲であります。

 こちらCD持ってます。エルトン・ジョンのYour Songもアル・ジャロウが歌うと異なる趣です。楽器のように喉を鳴らす唱法はハマる人にはたまりません。

Tenderness

Tenderness

 

We Got By - Al Jarreau, David Sanborn, Marcus Miller - Montreux 1993

 

デビューが35歳と遅咲きでしたが5度のグラミー賞を受賞。

輝かしい経歴と優れた人間性で世界の多くの人を魅了し癒してきたアル・ジャロウさんの冥福をお祈りいたします。