レコードをめぐる冒険

手頃なジャズを中心とした中古レコードの購入記録です

雨の日にすごい懐かしい曲を聴いてみる...

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

お題「雨の日に聴きたい曲」

こんにちはYamataiです。

鬱陶しい梅雨空が続きますが本当に嫌な季節ですね。そんな月曜日にはモチベーションを上げるべくお題に挑戦します。

 

ちょっと視点を変えて80年代、シティポップの貴公子と言われた山本達彦を思い出しています。J-Popという呼び方がなかった時代、そういえばシティボーイなどという言葉が普通に使われていた頃の時代です。

 

個人的には80年代は高校〜浪人〜大学〜社会人と青春時代(気恥ずかしい言葉)を過ごした時代でありました。聞く音楽は... 劇的にメロー、ポップな路線に突入しロック系のレコードは文化大革命が起こったのごとく売却されていったのがこの時代でした。読む雑誌はRokin'onからポパイへ... 

 

いわゆる思春期、見事に硬派から軟派にシフトしました。ちょっとクールに洗練された大人の男に憧れたものでした。現実は実に冴えない青春時代を送るわけですが... 

 

山本達彦の歌詞はストレートなラブソングやちょっと終わりかけている恋愛の時の悲しさ、寂しさを綴った内容であったり... 若い時分には有りもしない恋愛の妄想のネタとして... 実際、同性が聞くのが良いものだろうか?と思いながらも... かなり嵌ったものです。

 

正直、憧れたものです。バラードをピアノ弾き語りで歌う... 随分妄想しました。

 

山本達彦の曲の中でジャズっぽい曲も結構、多い方ですが、昔、ラジオ番組でセレクトした曲がビル・エヴァンスで"ちょーかっちょえー!なんだこの曲は..."と顎を外すほど感動しましたが何の曲だったのか全く分からず、今でも分かりません。

しかし、それがきっかけでJazzへの興味が高まった気がします。

 

彼の曲、単語として"雨"を含むもの結構あります。今回はあえて選ぶと1曲こちら...

雨に想いを

雨に想いを

  • 山本達彦
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

歌詞が6月の閑散期のリゾートホテルを舞台にしていると思われ、村上春樹の短編に出てきそうなシチュエーションを思わせます。普通の人生を送っている人にとっては意味不明の行動ですがやはりカッコ良い映像を妄想するには絶好の楽曲だと今でも思います。

レコードをめぐる冒険 (SUMMER TIME/PAUL DESMOND)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

先週は2枚ほどレコードを買いました。

その内の1枚はPaul DesmondのSummertimeです。

タイトル(有名なスタンダード曲ですが)とは裏腹に溶けている氷柱から日が差すイメージ、ちょっとECMのレコードジャケットぽい抽象的な写真がすが(好きなタイプの写真ですが)裏にはデスモンド氏の写真と、そして...

f:id:Yamatai:20170621072750j:plain f:id:Yamatai:20170621072801j:plain

無粋なことに¥2,000の表示。発売元はキングレコード、1972年にプレスされたものらしく🅿︎1972とライナーノーツに記載されています。比較として当時あんぱん1個が40円だったことを勘案するとこのレコードであんぱんが50個買えることになります。すごいのかどうか分からなくなりましたが... 

matome.naver.jp

f:id:Yamatai:20170621073632j:plain

ライナーノートの解説は油井正一氏、日本のJazz批評の第一人者と言われた方です。 彼のアルバムはCDでは唯一、Take Ten を持っています。これはJim Hall が参加しているので買ったのですが愛聴盤です。代表作と言われてるくらいですから当たり前ですが... 

Take Ten (feat. Jim Hall) [Original Album Plus Bonus Tracks]

Take Ten (feat. Jim Hall) [Original Album Plus Bonus Tracks]

  • ポール・デスモンド
  • ジャズ
  • ¥1650

このSummer Time、1968 年のアルバムです。17年在籍していたデイブ・ブルーベック・カルテットの解散後に発表されました。このアルバムJazzと言うよりイージーリスニングに近いリラックスした雰囲気が全編に漂います。好みの分かれるところですが彼らしい繊細なの音色、フレージングの妙味とバックのオーケストラとのアンサンブルが大人の感じですね... 多分、彼女と聞くと良いでしょう... 相手を選びますが... 

 

このアルバム、一級のイージーリスニング的な快適さを醸し出している一方でロン・カーター(ベース)、ハービー・ハンコック(ピアノ)と当時のマイルスのバックを担っていた2人が参加しています。見落とせないポイントであります。

 

Jim Hallつながりでアート・ファーマーに嵌りましたがポール・デスモンドもそのパターンです。

Jim Hallの名作、Conciertoに収められているYou'be So Nice to Come Home toでのプレイが最初に印象に残っています。コルトレーン一辺倒だったのですが、繊細な音色が興味を引きました。

 

レコードに関してはしかし中々良いものに巡り合わなかったのでこのSummer Timeを見つけた時はすぐにピックアップしておきました。盤質はA、本当にノイズの少ない大事に聞かれていたレコードであると推察できます。

 

今月は結構レコード買いました。追々、紹介します。 

Love Comes to Everyone、クラプトンがカバーした曲(その2)

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

クラプトンがカバーする曲、近年はAll of me、Autumn Leaves等、スタンダード曲にまで及んでいます。ファンとしてはオリジナルであろうとカバーであろうとクラプトンが

頑張っているだけで安心したりするものです。

Love Comes to Everyone... 

2005年のアルバム、"Back Home"の中の1曲です。

ちょっとポップでクラプトンらしくない曲かなぁーとも思っていましたが... その通り...

なんとジョージ・ハリスンの曲で哀悼の意を込めたカバー曲となっています。

Love Comes to Everyone

Love Comes to Everyone

  • エリック・クラプトン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この事実を知らなかったというファンの片隅にも置かれないような凡ミスを犯してしまいました。この曲、10年くらい前、道を踏み外しかけている頃、よく聞いていました。記憶を辿ると近所のレコード屋さんで新譜のCDとして棚に置かれいたCDを買ったのだと思います。それは古い友達、小学校の先生にあったような懐かしからくるものでした。

 

はっきり言えることはクラプトン、実に良い人なのである。例えば、ジョージ・ハリソン、スティーブ・ウインウッドの来日公演のサポートプレイヤーとして参加したり、晩年のB.B. KingやJ.J. Caleとコラボアルバムを制作、リリースしたりアルコール、薬物中毒患者のリハビリを目的としたクロスロード・センターを設立したり、まさに神の域に近い活動に従事しているのだと熱心な信者としては思ったりします。

 

私もこの曲で当時、危険な水域に入り込まなかった気がしています。本当に救われたのだと今では確信となっています。 これは熱心なファンゆえに起こる出来事であります。私の人生、クラプトンの曲に励まされ、癒され、インスパイアされながら... そして何年かぶりに再会した神様にまたも救われ... 

 

神様としか言えませんが...  しかしジョージ・ハリスンとの友情も尋常でない世界なのかもしれませんが... 昨今、略奪愛など... いやいや... しかし最終的に男の友情、ある意味、似た者同士だったのか... 

 

この曲をクラプトンがどのような気持ちで歌ったのか?興味深いものがあります。邦題は”愛はすべての人に"... 人から奪ったのは君ではないかい?などど神さまに突っ込んではいけません。

 

こちらジョージのオリジナル。ビートルズ解散後一番、吹っ切れた人かもしれません。個人的にはアルバムを買うほど当時は興味を持たなかった?お小遣いも限られていたのでAll Things Must Pass友人にダビングしてもらいながらもあまり熱心に聴かなかった?ピンとこなかった?

Love Comes to Everyone

Love Comes to Everyone

  • ジョージ・ハリスン
  • シンガーソングライター
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 過去記事もよろしければ... 

yamatai.hatenablog.jp

今は手元にない思い出のアルバム:Truth (Jeff Beck )

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

ギタリストといえばクラプトン押しですが(厳密にギタリストの枠にはめるには抵抗もありますが...) 特に3大ギタリストと言われた他の2人、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジのアルバムも結構、買っていた記憶があります。中学生時代に集めたブリティシュロック系もレコード、高校時代には遊ぶお金欲しさに売ってしましました。あの頃の心境は複雑でありました。当然、今では後悔していますが... 

Truth

Truth

  • ジェフ・ベック
  • ロック
  • ¥1600

さて3大ギタリストの1人、Jeff Beck、第1期ジェフ・ベックグループの2枚のアルバムは所有していました。特に"Truth"、愛聴してました。このバンドのメンバーがすごい... ロッド・スチュアート、ロン・ウッド(この時はベーシスト)、ドラムはミック・ウォーラー、その前はエンズレイ・ダンバー、彼はプロデューサーのミッキー・モストのポップ路線が気に入らず2枚目のシングルをリリース後、脱退してしまったようです。TruthのBeck's Boleroは別のメンバーで録音されていてメンバーが凄い。キース・ムーン、ジョン・ポール・ジョーンズ、ニッキー・ホプキンス(このアルバム後、正式メンバーになる)、作曲したジミー・ペイジがなんとリズムギターで参加しています。

 

アルバムは全体にわたりブルーズの影響を感じさせるハードロックのお手本のような名盤であります。ポップ路線のプロデューサーがドノヴァンのレコーディングで忙しかったことが幸いして、このアルバム、ジェフの意向でブルーズ色が強まったと言われています。

 

興味深いことは彼らのマネージャーがピーター・グラントという有名な敏腕マネージャーであり、この人、ツェッペリンの生みの親と言われた人だったことから... やはり、その疑惑は湧くのですが...

 

まぁ歳の近い同じあたりに住んでいたギター好きの若者が... しかも同じバンドに在籍していたこともあるような2人ですから音楽性は近いはずですが...

 

またレッド・ツェッペリンのファーストアルバムでもYou Shook Meが取り上げられていることかや、ツェッペリンのファーストアルバムの完成したばかりのテープをジミー・ペイジがジェフ・ベックに聞かせたところ... ジェフは悲しい顔で”これを本当に出すのか?”と聞いた話のエピソードなど当時のハードロックの幕が開ける混沌とし状況が伺われます。

 

せっかくなんで、ちょっと比較してみましょう...

You Shook Me

You Shook Me

  • ジェフ・ベック
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
You Shook Me

You Shook Me

  • Led Zeppelin
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

ここ10年、クラプトンからさらにブルーズの源流をたどり始めると... ようやく1つの重要な事実に気付かされます... 私の好きなヒーローのヒーローは凄い... 

You Shook Me

You Shook Me

  • マディ・ウォータース
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

本題に戻りましょう... このアルバムTruth、後のハードロックに多大な影響を与えた名盤としてブリティシュロック好きには避けて通れないアルバムだといえます。久々に聞くとロッド、ジェフとも実に若々しく... 特にロッドのしゃがれたヴォーカルたまりません。

 

個人的にはこれくらいがお腹いっぱいでした。さらに進化していくハードロック、そしてヘビーメタリック、ツェッペリン、ディープ・パープルとかなんとなくスルーしていきました。結果、ロック系の音楽と離れていきました。何かロックが心に沁みない歳になったのかもしれませんが... 高校生にしては随分生意気でありました。

中古レコード爆買い(その1)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

1週間前ですかねカメラの修理の引き取りのついでに御茶ノ水のディスクユニオン、JazzTOKYOに立ち寄りました。いやいやあるある... 誘惑の魔の手がそこには待ち構えていました。結局7枚を購入しました。合計で4700円です。盤質は一枚だけBでしたが他は全てAランクとさすがの品揃えでありました。

 

どうしても欲しかったジム・ホールのCommitmentが盤質Bでしたが... ついにBランクに手を出してしまいました。今までAランクでも結構、ブツブツうるさいのもあったし... 結果は全然、大丈夫でした。おそらく犬の耳を持った人であれば聞こえるなんかがあるのかもしれませんが.... 個人的には全くオーライでありました。

f:id:Yamatai:20170613072717j:plain

いやーこれだけ欲しいレコードを一気買い、個人的には爆買いとも言える行為に出てしまいました。帰りにちょっと重いディスクユニオンのビニール袋を抱えてニヤついていたのかもしれません。完全にヤバいおじさんですね... 

f:id:Yamatai:20170613073052j:plain

f:id:Yamatai:20170613073129j:plain

中古レコードに関していつも思うのですが...

レコードを大事にしていた人が売った、または亡くなられ親族の方が処分された... いろいろな経由で私が入手しているのでしょう。大事に聴きたいと思っています。

金曜日のJazz Standard (Come Rain or Come Shine)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

Come Rain or Come Shineという有名なスタンダード曲ですが最初に聞いたのがビル・エヴァンスの名アルバム、"ポートレート・イン・ジャズ"でした。恥ずかしながら、 この曲がこれほどのカバーされているスタンダード曲だと知ったのが結構、最近であります。あれどっかで聞いたこのある曲だと...

 

20歳を過ぎてから耳が衰えたのか感性が鈍ったのか長きにわたり音楽を積極的に聞かなくなり... 10年くらい前からJazzを聴き始め、ここ数年はまた若い頃のように音楽を聴きまくっています。ジャズは古い音楽だと言われますが古い人間には違和感なくその歴史の深み、ある意味、心地よく嵌まれるのであります。

 

さて私の好みのカバー曲ご紹介しましょう... 

ビル・エヴァンス

ポートレート・イン・ジャズ、よく聞きました。いや今でも聞きます。ハイレゾ音源でも所有していますがちょっと身に余る高音質です。このレコードをほしいのですが結構、見つけるたびその高値にため息をつくばかりです。

Come Rain or Come Shine (Live Version)

Come Rain or Come Shine (Live Version)

  • ビル・エヴァンス・トリオ
  • ジャズ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

モニカ・ゼダールンド&ビル・エヴァンス・トリオ

スウェーデンの有名女性歌手&女優であるモニカ・ゼダールンドとの共演。ビルにしてはちょっと軽快なタッチ、やはり美人歌手の伴奏、嬉しいのでしょうか?これはこれで良いものです。

Come Rain or Come Shine

Come Rain or Come Shine

  • モニカ・ゼタールンド & ビル・エヴァンス・トリオ
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ウェス・モンゴメリー

これも渋いウェス・モンゴメリーによるカバー。このアルバムも中古レコード探してますが今の所、状態の良いものに出くわしません。Jazzにおけるギターの立ち位置を押し上げた人。彼の功績はやはりすごい!と思わせる名演であります。テナー・サックス、ジョニー・グリフィスとウィントン・ケリーのピアノと中々の人選。ウィントン・ケリーはマイルズのKind of BlueでFreddie Freeloaderという曲だけ参加しているんです、この曲がすごい好きです(ずっとエヴァンスだと思っていましたが...)。

Come Rain Or Come Shine

Come Rain Or Come Shine

  • ウェス・モンゴメリー
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ビリー・ホリデイ

やはりビリー・ホリデイの歌声、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ボーンのちょっと安心できるような懐の深さとちょっと違った、背筋を伸ばさないといけない気がしてしまうのはなぜでしょうか?ビリー・ホリデイといえば村上春樹氏の雑文集、"ビリー・ホリディの話”を思い出します。このエッセイ、どこかで読んだ気がしていましたがこの雑文集に入っていて買ってよかったなと思います。これはちょっと悲しい話です... この話は春樹氏が若い人に"ジャズってどういう音楽ですか?"と聞かれ... 要は答えなのですが.. . なんか良い話です。ぜひお読みください... 

Come Rain or Come Shine

Come Rain or Come Shine

  • Billie Holiday
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

 

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

このアルバムも愛聴盤です。ちょっと過去の話ですが取引先の年配の人と食事する機会がありに音楽話になり...当然、ジャズ話に花が咲き...

 "君、アート・ブレイキー聞くのか!" と驚かれ喜ばれ、ベロンベロンになるまで美味しいお酒をご馳走になったのを思い出します。

このアルバム、いつ聞いても強壮剤のように元気になります。

Come Rain or Come Shine

Come Rain or Come Shine

  • アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Come Rain or Come Shine 、そのタイトルのRainから梅雨時にぴったりのスタンダート曲と思いましたがこれは実際、雨を歌った曲ではなく、邦題が、"降ったも晴れても"... つまりは何があろうとあなたを愛しますと強い思いを綴ったラブソングなのであります。

 

今回改めてヴォーカルありのカバーも多数聞きましたがこれもまたかなり違った意味で魅力的だと感じました。ジャズヴォーカル、ちょっと敬遠気味だったのですが腰を据えて聞いてみようかなぁとも思いました。

 

それではまた!

 

May You Neverというクラプトンがカバーした曲

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

エリック・クラプトンのどの曲が好きか?あまりにも多く考えたことがありません。実はクラプトンですがその長いキャリアの中で実に多くのカバー曲があります。

 

例えば、J.J.ケール、ボブ・マーリー、ジミ・ヘンドリックス、ボブ・ディラン、エルトン・ジョン、ジェームス・テイラー、スティービー・ワンダー、ロバート・ジョンソン、B.B. キング... 変わったところではYMOなど...

 

まぁーよくもこれほどの... キャリアが長いので当然ですがクラプトンほどカバー曲を多く採用した人も珍しい気もしますが... 

 

身びいきですがオリジナルを超える、違った魅力を醸し出している名演も多いと思います。

 

思い起こせばクラプトン初心者の中学生の時分にはやはりこのことが気に掛かってしまいました。クレジットを見てはぁーとため息をつく。この人、自分で良い曲作れるのになんで他人の曲を歌うのだろうか... ひょっとして... 

 

色々余計な心配をしたものです。やはりレノン・マッカートニー、ジャガー・リチャードとオリジナル曲を作るアーティストが最高であると刷り込まれていたのだと思います。

 

そんな頑な考えが完全に取り払われたのは結構、最近かもしれません。やはりジャズを聴くようになってから音楽に対する間口が結構広がったような気がします。ジャズは名曲でなく名演なのだとよく言われますが... ジャズ以外の世界でも同様ではないかと思います。 

 

そう思い直し音楽を聴くとクラプトンのカバー曲、結構、魅力を感じたりします。なんか適度に力が抜けていて良い感じに聞こえます。

 

長い前振りでしたが本題です。今回取り上げるのはカバー曲でもシングルヒットしたりした有名なものでありません。"May You Never"という伝説の英国のシンガー、ジョン・マーティンの作品です。ロック、ブルーズ、ジャズの要素をいち早く取り入れた、大変、才能に溢れたアーティストでありました。2009年に60歳で亡くなっていますが40年以上にわたって21枚のアルバムをリリースしている凄い人ですが、なぜか、日本では馴染みが薄い人です。死の直前には長年の功績に対して大英帝国勲章が授与される予定だったそうです。


John Martyn - May You Never

May You Never

May You Never

  • エリック・クラプトン
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

アルバム、スローハンドですがアルバム全体を通してクラプトンの脱力感が際立っている気がします。彼の作品には例外的にブルーズ曲が少なく前作の "There's One in Every Crowd"よりもまとまったアルバムであります。パティボイドに送った名曲"Wonderful Tonight"がこのアルバムに含まれます。

 

通のファンの間ではこのアルバム実は評価が低いらしいです。少ないコードでポップなお気軽な曲を集めた脱力した... クラプトンも地に落ちた... こんな辛辣の評価もありますが売り上げは悪くなかったようです。

 

アルバムの話はまたどこかでしたいほど実は好きなアルバムです。

 

さて"May You Never "、この歌詞が誰に宛てているのか今ひとつわからない?解釈の幅が広いというか?ちょっと解明したくなります。

 

曲調は心地よいテンポのG. F. C. Amと基本4つのコード素直な曲であります。このシンプルでありきたりなコード進行の曲をクラプトンにふさわしくないと思った人も多いようですが... 確かに即興的に延々と激しいギターソロを演じていたクリーム時代とは真逆の感はありますが...

 

ちなみにこの曲、クラプトン以外でもこんな人たちが...

 

ロッド・スチュアート

クラスにいても友達にならないタイプの筆頭ですがマギー・メイは好きです... 思い出すと、あれれ彼のLP何枚か持ってたなぁー 最初のジェフ・ベック・グループのヴォーカリストでありました。個人的にはLed Zeppelinよりも無骨で荒削りな音で好きでしたが... 時代は... 

May You Never

May You Never

  • ロッド・スチュワート
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ポール・コゾフ

こちらも伝説のフリーのギタリスト、ポール・コゾフのカバーというかジョン・マーティンこと共演してます!と言ってもほぼ伴奏だけです。

May You Never

May You Never

  • ポール・コゾフ & ジョン・マーティン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

さてMay You Never、クラプトンがどのような経緯でカバーしたのか... あまりここら辺の情報はないですね... 知る限りでは... 当然、相当気に入っていて自身のアルバムにまで入れたと思われます。

 

あえてシンプルな4コードの曲をカバー、アルバムのタイトルはかつて神と言われた時代につけられたニックネーム、スローハンド(手の動きが早すぎて遅く見えたと言われている伝説)... この当時のまだ尖ったギタープレイを期待する向きに対してクラプトンなりの答えだったのかもしれません。