そういえば選択科目は音楽でした...

最も長く続いている趣味である音楽鑑賞について幅広く語ります...

今は手元にない思い出のアルバム:Truth (Jeff Beck )

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

ギタリストといえばクラプトン押しですが(厳密にギタリストの枠にはめるには抵抗もありますが...) 特に3大ギタリストと言われた他の2人、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジのアルバムも結構、買っていた記憶があります。中学生時代に集めたブリティシュロック系もレコード、高校時代には遊ぶお金欲しさに売ってしましました。あの頃の心境は複雑でありました。当然、今では後悔していますが... 

Truth

Truth

  • ジェフ・ベック
  • ロック
  • ¥1600

さて3大ギタリストの1人、Jeff Beck、第1期ジェフ・ベックグループの2枚のアルバムは所有していました。特に"Truth"、愛聴してました。このバンドのメンバーがすごい... ロッド・スチュアート、ロン・ウッド(この時はベーシスト)、ドラムはミック・ウォーラー、その前はエンズレイ・ダンバー、彼はプロデューサーのミッキー・モストのポップ路線が気に入らず2枚目のシングルをリリース後、脱退してしまったようです。TruthのBeck's Boleroは別のメンバーで録音されていてメンバーが凄い。キース・ムーン、ジョン・ポール・ジョーンズ、ニッキー・ホプキンス(このアルバム後、正式メンバーになる)、作曲したジミー・ペイジがなんとリズムギターで参加しています。

 

アルバムは全体にわたりブルーズの影響を感じさせるハードロックのお手本のような名盤であります。ポップ路線のプロデューサーがドノヴァンのレコーディングで忙しかったことが幸いして、このアルバム、ジェフの意向でブルーズ色が強まったと言われています。

 

興味深いことは彼らのマネージャーがピーター・グラントという有名な敏腕マネージャーであり、この人、ツェッペリンの生みの親と言われた人だったことから... やはり、その疑惑は湧くのですが...

 

まぁ歳の近い同じあたりに住んでいたギター好きの若者が... しかも同じバンドに在籍していたこともあるような2人ですから音楽性は近いはずですが...

 

またレッド・ツェッペリンのファーストアルバムでもYou Shook Meが取り上げられていることかや、ツェッペリンのファーストアルバムの完成したばかりのテープをジミー・ペイジがジェフ・ベックに聞かせたところ... ジェフは悲しい顔で”これを本当に出すのか?”と聞いた話のエピソードなど当時のハードロックの幕が開ける混沌とし状況が伺われます。

 

せっかくなんで、ちょっと比較してみましょう...

You Shook Me

You Shook Me

  • ジェフ・ベック
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
You Shook Me

You Shook Me

  • Led Zeppelin
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

ここ10年、クラプトンからさらにブルーズの源流をたどり始めると... ようやく1つの重要な事実に気付かされます... 私の好きなヒーローのヒーローは凄い... 

You Shook Me

You Shook Me

  • マディ・ウォータース
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

本題に戻りましょう... このアルバムTruth、後のハードロックに多大な影響を与えた名盤としてブリティシュロック好きには避けて通れないアルバムだといえます。久々に聞くとロッド、ジェフとも実に若々しく... 特にロッドのしゃがれたヴォーカルたまりません。

 

個人的にはこれくらいがお腹いっぱいでした。さらに進化していくハードロック、そしてヘビーメタリック、ツェッペリン、ディープ・パープルとかなんとなくスルーしていきました。結果、ロック系の音楽と離れていきました。何かロックが心に沁みない歳になったのかもしれませんが... 高校生にしては随分生意気でありました。