レコードをめぐる冒険

手頃なジャズを中心とした中古レコードの購入記録です

孤独な秋の夜長に… (SOLITUDE/WES MONGOMERY)

こんにちはYamataiです。

ウエス・モンゴメリーのアルバムのご紹介です。

SOLITUDEという2枚組アルバム。

去年、高円寺でふらりと立ち寄ったレコード屋さんで見つけました。2枚組なのにものすごく安く買えました。ジャッケットは薄汚れていましたがレコード自体に傷はなく、しかし残念ながらプチノイズは2枚ともわりと多めでしたがクリーニングして聞き込むとだいぶ改善されました。

f:id:Yamatai:20171012084433j:plain

曲目は

Record 1

Side A

4 ON 6

WES' RHYTHM

Side B

IMPRESSIONS

TO WHEN

Record 2

Side A

MISTER WALKER

TO DJANGO

Side B

HERE'S THAT RAINY DAY

'ROUND ABOUT MIDNIGHT

f:id:Yamatai:20171012083346j:plain

1965年3月パリでのライブ音源。68年のウエスの死後、発売されたアルバムでフランスのBYGレコードという会社からリリースされた貴重なライブ録音で構成されたアルバム。ウエス・モンゴメリーのギターテクニックを堪能できるアルバムでピアノのハロルド・メイバーン、ドラムスのジミー・ラブラコ、ベースのアーサー・ハーバーと気心の知れたメンバーと終始リラックスしながら演奏している様子が伺えます。

 

名盤、"A Day In The Life"やBumpin’も有無を言わせない存在感で今でも聞き応え十分ですがギタリストとしてのウエス・モンゴメリー、ライブ盤の雰囲気はスタジオとはまた違うエモーショナルな演奏を感じることができます。決して死後、未発表音源をレコード化した安易な企画の追悼盤ではないのは確かです。結論としてこのアルバム、"Solitude"ですがウエス・モンゴメリーの魅力を知るにはもってこいのアルバムではないでしょうか...当時は2枚組みといこともあって3600円で販売されていたようです。 

 

1965年といえば全盛期の演奏だと思われますが本当に見てみたかったギタリストの一人です... 60年代後期、ジャズ界はウエス・モンゴメリーだけでなくジョン・コルトレーンといった巨人を失い否応なしに影がさしかかった時期でもありました。

 

さてさてウエス・モンゴメリーのアルバムは過去2回くらい紹介していますがレコード屋さんに行くと必ず棚をチェックする一人です。まだ紹介し切れていませんが追って取り上げていきたいと思います。CDも結構ありますがこのブログのタイトルがレコードをめぐる冒険としたために手持ちCDのレコード版を鋭意、都内レコード店で探索中です。普通と逆ですが…

yamatai.hatenablog.jp

yamatai.hatenablog.jp

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村