そういえば選択科目は音楽でした...

最も長く続いている趣味である音楽鑑賞について幅広く語ります...

書籍寸評(2017/6/6)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

またまた書籍寸評です。と言ってもちょっと前に近所のブックオフで購入したものです。中古であり、中のページはちょいと黄色なっていますがカバー等は綺麗でありました。中古にしては800円と微妙な値付けとも思えましたが内容に納得し購入しました。

レコードコレクターズ増刊 マイルス・ディヴィス・ディスク・ガイド

レコードコレクターズ増刊 マイルス・ディヴィス・ディスク・ガイド

 

マイルズのリリースしたアルバムの解説だけでなく未発表音源、他のアーティストのアルバム参加の履歴、共演者たちのアルバムの解説などもあり当にマイルズの足跡とまたその周辺の事情など詳細に記載されているお値打ち本で。冒頭のMiles in Japanとタイトルされた写真の数々も時代とともに変わるスタイルが端的にわかる良いセレクションだと思います。

 

マイルズ本、巷にかなり溢れていますが、このレコードコレクターズ増刊のガイドブックは私のような今さらのマイルズファンには願ったりなコンテンツに溢れています。マイルズの魅力を若い世代にも広めるために、例えばパソコン等のIT本に他のタイトル出会った"猿でもわかるマイルズ・デイヴィス"とか"今さら聞けない... "等のタイトル版があっても良いのではないかと思ったりします。

 

それにしてもJazzですが... やはり敷居が高いとよく言われます。そこでよくわからないとお嘆きの貴兄にオススメはこちらであります。"大人のたしなみシリーズ"と雑誌GetNaviの特別編集本です。GetNaviってそういえば本屋さんで見たことがある?印象がいまひとつ薄い雑誌ですが... この特別編集本は力が入っております。なんと"ライブの聞き方"がわかるCD付きです。本書、基本的には全国の名Jazzスポットの紹介とアクティブなJazzファンにはちょうど良いガイド本となっています。

ジャズの教科書 ニッポンJAZZ紀行: おとなのたしなみシリーズ (Gakken Mook 大人のたしなみシリーズ)

ジャズの教科書 ニッポンJAZZ紀行: おとなのたしなみシリーズ (Gakken Mook 大人のたしなみシリーズ)

  • 作者: 学研パブリッシング
  • 出版社/メーカー: 学研プラス 児童・幼児事業部 音楽事業室
  • 発売日: 2015/03/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

端的に言うと本書、どちらかというと"好きな音楽はJazzだ"とラ・ラ・ランドの主人公のように影のある男を演じたい人にオススメかと... 私の目的はそうではないのは 確かでありますが...

 

諸注意としてはこの手の本、彼女の訪問時に見つけられ

 

"へーー、こういうので勉強しているんだぁー"

 

と感心されたりすると、その手のやばい本が見つかるよりも恥ずかしかったりしますから本棚の奥にしまいましょう..

 

さてラ・ラ・ランド... 普段ロック好きの高校生の息子も未だに余韻に浸って"ピアノで"シティ・オブ・スター"を弾いています。そんな感動をもたらした名作... 8月に発売されるようです。

ラ・ラ・ランド コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]

ラ・ラ・ランド コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]

 

 ピアノの楽譜もありますよー

ピアノミニアルバム LA LA LAND ラ・ラ・ランド

ピアノミニアルバム LA LA LAND ラ・ラ・ランド