レコードをめぐる冒険

手頃なジャズを中心とした中古レコードの購入記録です

月曜日に聴きたい&春に思い出す曲

お題「春に思い出す曲 春に聞きたい曲」

ある日この夏~Two Way Summer 

こんにちはYamataiです。

お題久しぶり挑戦です。

いやいや春になるとこの曲聴いています。

暁星学園から山本達彦さん、成蹊大卒の安倍首相と大学の同級生だそうです。

シティポップの王子と言われ80年代、大活躍、今でも現役でライブやっています。

都会派、なるほど成蹊大学、良いですね。吉祥寺にある育つの良い学生たちをイメージします。

 

この曲は高校2年の春の遠足の時に鎌倉に行った時を思い出します。ウォークマンでこの曲を海岸を歩きながら聴いていました。当時はJ-Popとは呼ばずニューミュージックでもなく何と言われたいたのか記憶がありませんが洋楽志向の私が秘密裏に聞いていたのがこの当時の山本達彦、山下達郎、ユーミン、ブレッド&バター... なんか洋楽に劣らず洒落ており演奏もイケてたと感じていたのです。

 

愛聴しているとは声を大に言えなかったのは"洋楽しか聞かない”と言っていた手前... 見栄でもあり若さだったのでもあります。その愚かさは年を取っても変わらないのがまた残念でもあります。

ある日この夏 ~TWO WAY SUMMER

ある日この夏 ~TWO WAY SUMMER

  • 山本 達彦
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 達彦先生ですがデビューからしばらくはポップス系でありましたが徐々にジャジーなノリの曲も取り入れ、かなり独自の路線を辿ったように見えました(最近では歌謡曲も一部で再評価されていますが...)。"バースディ"という曲は今でもよく聞く曲です。メロディクで美しいバラードであり映画、卒業を彷彿させます。

 

この曲、ある日この夏〜TWO  WAY SUMMERですがレコーディングには高橋幸宏、細野晴臣、松任谷正隆、松原正樹が参加しております。良いわけです...  特に名ギタリスト、松原正樹さんのソロが凄く良いと思っていました(今でも好きなギターフレーズの一つです... 昨年、62歳で亡くなられました...)。

 

この曲の含まれたアルバムは印象的です。なんか良い時代を思い起こさせます。セーター肩がけ、タバコの火をbicのライターでつけてもらっているところです。勝手に想像するとするとおそらく横浜あたりのカフェで彼女とデートしている時にタバコに日をつけてもらっている???

 

この曲の歌詞ですが、端折りますとある夏に2人の女性に恋をしてしまったと... 極めて能天気な内容であります。カモメの背中に乗り、必ず行き先には二つの花、虹があり両方とも好きになる... この歌詞において、妄想しますと村上春樹の小説、"1973年のピンボール”に登場する美しい双子の姉妹をモチーフにしているのではないかと... 事実としてはこの曲がリリースされた時期の後、小説は発表されてるので... ありえませんが...

 

美しい双子の姉妹、私の通っていた高校にもいましたが当時の私のTwo Way、2人同時に好きになる、そんなことは起こらず... 彼女が欲しかったけど全く振るわずに音楽を聞くばかりの3年間でありました。

 

話が散らかりましたが春となると思い出して一度は聴く曲ご紹介しました。この曲、家で聴いていて懐メロ?と聞かれ説明に窮したことがあります。