レコードをめぐる冒険

手頃なジャズを中心とした中古レコードの購入記録です

レコードをめぐる冒険 (Bumpin'/Wes Montgomery)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

このレコード、2ヶ月前ほど春先に良い状態のものを見つけて即買いしました。

Wes Mongomeryはレコード屋さんでは必ずチェックしますが人気もあるようで、なかなか良い状態のものには出会えません。仕方なくApple Musicでよく聞くプレーヤーとなっています。

 

このアルバムは特にThe Shadow of Your Smileが入っているので是非、欲しかった盤でありました。

f:id:Yamatai:20170718092549j:plain

この曲、60年代の映画のテーマ曲でアカデミー賞もとった名曲で多くのアーティストにカバーされています。Jazzスタンダードというよりはポップスですかね... 

 

その曲をジャズギターの巨匠、ウエス・モンゴメリーがカバーする意外性と情感たっぷりヴォーカルのように唄うギターに感動します。ある意味ロック系のギタリストとは違う格好良さを感じます。

 

ウエス・モンゴメリーですが元々はビ・バップスタイルでオクターブ奏法を編み出しアルバム、フルハウスなど不朽の名作などで有名です。実際、最も多くのジャズギタリストに影響を与えたプレーヤーであるとも言われています。

 

大きな転換期は60年台後半、イージーリスニング路線にシフトした時期です。1967年のA Day in The Life のタイトル曲はご存知ビートルズのサージェントペッパーズに収録されている名曲(アルバムを締めくくる)であります。アルバムは総合チャートの上位に食い込み大成功を収めました。しかし、このアルバムの翌年に43歳で亡くなってしまいます。

 

この路線変更を当時、ウェス・モンゴメリーがどう感じていたのかは?興味深いところですがYouTubeで当時、彼がTV番組に出演している動画など見てみるとちょっとぺらぺらの記事のスーツを着て演奏しています。少しはにかんでるように見えますが...


Wes Montgomery - Windy

このアルバム、The Shadow of Your Smile(日本語タイトルはいそしぎ)を始め良い曲ばかりです。紹介しますと...

Side A

1. Bumpin'

2. Tear It Down 

3. A Quiet THing 

4. Con Alma

Side B 

1. The Shadow of Your Smile (いそしぎ)

2. Mi Cosa

3. Here's That Rainny Day

4. Musty

 

A1、2、B3が書き下ろしのオリジナル、彼のソングライティングの才能を感じます。ライナーノーツは本田俊夫氏、A2はサンフランシスコでJim Hallと会った時にギタリストにとって指がいかに重要か話した時の流れでできた曲だと説明されています。実に興味深い話ですね... 

 

このアルバムの好き嫌い分かれるところとしてアルバム全編でオーケストラをバックに演奏している点だと感じます。いわゆる正統派のジャズではないので... 

 

しかし70年代以降の正統的なジャズが衰退しソフトジャズ、フュージョンなるセグメントが台頭したことを考えるとこれもこの路線変更後のウエス・モンゴメリーの影響がもたらしたものだと思えます。

 

個人的には素晴らしいテクニックを持ちウエスの後継者と言われたジョージ・ベンソン、白いスーツにスキャトスタイルのヴォーカルと... もしウェスが長生きしていたらどう思ったのか興味深いです。 

The Shadow of Your Smile

The Shadow of Your Smile

  • ウェス・モンゴメリー
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ウエス・モンゴメリー、ジム・ホールと並んでジャズギタリストの巨頭とでありますが良い盤あれば躊躇せずに入手したいと思います。

レコードをめぐる冒険(BIG BLUES/Art Farmer and Jim Hall)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

今日はYamataiです。

レコードの時代はジャケ買いなどとよく言われていましたが... それはつまり、レコードジャケットに魅せられ内容を問わず買ってしまう行為だと理解しておりますが... 個人的ジャケ買い、あまりしたことはない気がします(子供の小遣いでは無理だったので...)。今度、改めて思い出してみますが...

 

おそらくはそういったケース大抵、美しい景色、情景、女性、イラスト... まぁ目を引いて最悪、内容が気に入らなくても飾っておけば良いかと... 思って買うケースのよくあるようですが。

 

さてジャケ買い、安い中古レコードであれば結構、大胆になれるものです。しかし、このアルバムは文句無しに即、"ジャケ買い"しました。私もついにそんな行為に至るようになったのです。さてアルバムはジム・ホールとアート・ファーマーの共演ものです。 

 f:id:Yamatai:20170713105501j:plain

この2大巨匠を知らなければ何とも不思議な感じがすると思います。ただのおじさん2人にしか見えないといわれればそうですが... このおじさん達が凄いのだと!!!

見開きの写真はこちら...

f:id:Yamatai:20170713110237j:plain

ファンには堪らない2ショットであります。

そして裏側では楽器を手にした姿が... 

キリッとした表情がまた堪りません。

f:id:Yamatai:20170713110400j:plain

普通はジャケ買いするタイプのレコードでないでしょうが両人のファンである私には外せないジャケ写真であります。

 

さてさてジャケットの話ばかりでは失礼ですね。タイトルは"Big Blues"、B面(ライナーノートでは第2面となっています)の1曲目であります。しかしライナーノーツではタイトルは"亡き王女のためのパヴァーヌ”(Pavene For A Dead Prince) とされています。これはB面の2曲目なんですが... 発売元のキングレコードに確認したいところですが... 

 

ライナーノーツは有名なJazz評論家、由井正一さんによるものですがいつも通り面白いのです。例えば、この2人が日本来日中、常に別行動だったとか(ファーマーがジム・ホールの日本での人気に嫉妬した?)面白いネタ炸裂です。アート・ファーマーの世渡りベタであるとか当時のジャズ界の相当の事情通の方ならではのお話であります。由井さんのラジオ番組があったらしいのですが Jim Hallがゲストで出演した回など是非とも聞いてみたいものです。

 

内容的には由井さんの解説にある通り通りジム・ホールの渋いプレイがアート・ファーマーを引き立て、ヴァイブのマイク・メイニエリの味わい深いプレイが印象的です。ドラムはスティーブ・ガット、ベースのマイク・ムーアは...  ベースラインが印象的で思わず聞き入ってしまいます。

 

アート・ファーマーはこのアルバムでは全てフリューゲルホーンを演奏していますが、癒されます。彼のトランペットの人ですがキャリアの中盤あたりからフリューゲンルホーンを積極的に使うのですがマイルズがエレキ的な方向に向かったのとは対照的でもあります。

 

アート・ファーマーのアルバム、もっと揃えたくレコード屋さんに行くたびにチェックしていますが... ライフワークになりそうです。

レコードをめぐる冒険 (SOULTRANE/JOHN COLTRANE))

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

John ColtraneですがJazzといえばこれを聴けと誰に言われることもなく、このCDを買いました。20年くらい前ですか... 

Ballads (Deluxe Edition)

Ballads (Deluxe Edition)

  • ジョン・コルトレーン
  • ジャズ
  • ¥2000

このアルバムは最近聞いていません。名作すぎて気軽に聴けない敷居の高さを感じるからでしょうか?

 

それと比べて、このSOULTRANEは 定期的に聞きます。ついにレコードでも入手してしまいました。この名作の曲目は...

A面

1. Good Bait

2. I want to talk about you

B面

1. You say you care 

2. Theme for Erne

3. Russian Lullaby

となっています。最初のGood Baitから流れるようにコルトレーン節を堪能できます。

f:id:Yamatai:20170712113953j:plain f:id:Yamatai:20170712114003j:plain

このレコードですが発売元がビクター、当時1500円だったようです。このアルバム夕食後、子供とデザートを食べたりリラックスしている時、よく聴きました。家でラウンジのような雰囲気で聞いていたもので娘もjazzといえばこのアルバムだと... 反応するようになりました。

 

典型的なハードバップの要素を含みながらもコルトレーンのバラード(A面の2曲目、B面2曲目)がやはり秀逸です。この後のアルバム、Giant Stepあたりが彼のスタイルのある種、完成系と言われていますが... 

 

個人的にはコルトレーンでありながらちょっと肩の力の抜けたコルトレーン節が良い塩梅で凝縮しているのがこのアルバムあたりな気がします。もちろん好みもありますが... 。根っからのへそ曲がりなのでビートルズのアルバムの最高峰のサージェント・ペッパーズよりリボルバーあたりが好きだったりするタイプなのでこう感じるのでしょう。

 

コルトレーン、マイルス(マイルスに雇われていたんですね)を始めセロニアン・モンク、デューク・エリントン、ケニー・バレル、ウィントン・ケリーらと共演アルバムも多く、まだまだ聞き込んでいきたいアーティストなのですが... どうもマイルズ、コルトレーンあたりは奥が深すぎてと距離を置いてしまいがちです。

 

そんなコルトレーンのレコードそういえばこれは最近購入してます。新品でアマゾンで買ッタのですが、Spring is hereという好きなスタンダード曲がありコルトレーンのカバーがあるとは知らず、気づいたときには買ってしまったのですが... こちらも中々のアルバムです。タイトルがStandar Coltraneとあるようにそのまんまスタンダード集です。ドラム以外はSoul Traneと同じメンバーとトランペットでWeilbur Hardin参加しております。

f:id:Yamatai:20170712135424j:plain

コルトレーン、40歳の若さでこの世を去ってしまうのですがアルバム換算で200枚もの録音を残し今でも未発表の音源で出てくるのですから驚きです。太く短い人生、66年のツアーの際のインタビューで10年後?との問いに聖者になりたいと答えたエピソードなども彼のストイックまでに音楽を追求した姿勢を感じます。

 

んー、ちゃんと聞かないとバチが当たりそうなコルトレーンであります。

映画感想: パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

こんにちは!

映画を久しぶり映画館でみました。先週末、家族でパイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊の音声吹き替え版を見に行って、そのあと、外食をしてきました。店は混んでいましたが海外からの観光客らしいも多く賑わっていました。

 

さて映画ですがちょっとあからさまに娯楽の王道を行く大ヒットシリーズものなので遠慮しようかと考えていましたが家で留守番もなんなので参加しました。

 

シリーズも5作目、1作目が2003年だったのでずいぶん時間が経ったものです。主要なキャストもそれなりに歳をとり... ジャック・スパロウを演じるジョニー・ディプにスパロウ(スズメ)のような軽快な動きが見られずウイル・ターナーもちょっとおっさんになったかなぁーという感想を持ってしまいました。

 

展開はテンポよく懸念していた眠りに落ちることもなくコンプリートできましたが... あと吹き替え版だけにジャック役の声優さんの声も心なしか変わった気が... 

 

期待値が大きい作品だけにどうしても細かいところが気になります。

 

ネタについては... 敢えて触れませんが、このパターン、前回の黒ひげ、今回のサラザールと悪役をこしらえ戦う... 娯楽映画の王道パターンであります。これであと5本くらいはいけるのではないかと?こうなると日本人海賊、倭寇が登場してほしいという身勝手な想像すら抱いてしまいます。

 

しかし、こういったシリーズモノに懸念されるのは役者さんのエイジングをですかね?これはスター・ウォーズにも当てはまる難しさですかね...

 

その点で007は主人公を替えて上手くつないでいる例?ですかね... 

そういえばディズニー・ランドにジャック・スパロウのそっくりさん(おそらく体型の近い外人モデルにメークと衣装を着せていただけでしたが)を見たことがあります。考えてみると、あのメークであればジョニー・ディップでなくてもいけそうな気もしますが... そう考えると次回作... ディップ氏、最近いろいろあるようですしディズニーとしては何か手を打ってもおかしくないような気もします。

 

例えば今回活躍したターナーの息子が主人公に据えられジャックとはスター・ウォーズのヨーダ&ルークのような師弟関係を持ち問題に対処する... 手前味噌ですが妙案だと... 

 

何れにしてもシリーズものの映画... なかなか難しいものがありますね... 

 

中古レコード爆買い(その2)

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

今週は久しぶり平日にレコード屋さんに行けたので調子に乗って5枚も買いました。

週末のディスクユニオンでは中々、混雑、強者(指でパタパタ閲覧するスピードが凄く速いです)も多いのでどうしても落ち着いて見れません。やはりゆとりのある大人は平日にレコード屋さんで時間を気にせず物色したいものです。

 

とは言いながらもここ最近、不漁続きで... そろそろ潮時かと... 

(ちなみに私はランクA縛りの1,000円以下というのは明らかにせこい基準を設定しています...)

 

あと今後はどうしても聴きたいアルバム、特にApple Musicにアクセスできない時はやはりCDがあれば安心といえば安心なのでCDとかも適宜買おうかと... などと考えていますが...

 

さて今回の収穫をご紹介します。

 

Signal Ⅰ/Duke Jordan 

代表作と謳われていますが... Side1がトリオ、Side2がクインテットの編成、Night in Tunisia、Summertime、Flight to Jordanとお馴染み曲。いやー癒されます。Duke Jordanをレコードで聞けることの幸せを感じざるを得ません。これ盤質の本当にAクラスにふさわしい良い状態でした。

f:id:Yamatai:20170707063037j:plain

Two Loves/Duke Jordan Trio

My Old Frame、Two Loves、Emblaceble You、I'll Remeber April、Jorduとこれも好きな曲ばかりのアルバム。Apple Musicでよく聞いていたのでレコードで購入できて良かったです。こういうことがあるとこんなこと(良いこと)もあるのかと... 前向きな気持ちになれるものです。

f:id:Yamatai:20170707063047j:plain

Best Coast Jazz with All Stars

Clifford Brownのレコードが欲しい買ったのですがなかなか良いものに巡り合わず... 

このアルバム、なんと長い曲2曲しか収録されていません。Clifford Brown 以外ではHerb Geller(alto sax)、MAx Roach (drums)、Joe Maini, JR., (Sax)、Walter Benton (tenar sax)、Kenny Drew (piano)、Curtis Counce(bass)が参加しています。2曲とも20分近い曲でいわゆるセッションを収録した盤です。ちょっと勉強には良いかもしれませんが想定したものと違いましたがハード・バップの魅力を感じ取れる盤とも言えます(何と言っても安かった)。

f:id:Yamatai:20170707063056j:plain

If You Could See Me Now/Kenny Drew Trio

Kenny Drewを最近久しぶりに聞いたら縁が出てきたようであります。このアルバムもApple Musicでよく聞いていましたがレコードで買えるとはなんとラッキーなことか... 名曲スタンダードが満載の本作、同日同メンバーで録音されたDark Beautyというアルバムの方が知られているようですが... こちらはちょい渋の選曲、"If You Could See ME Now”という定番が大好きであります。特にこのアルバムではトリオ編成によるカバーは叙情的で堪りません。1日の終わりにちょっとバーで聴きたいものです。

f:id:Yamatai:20170707063106j:plain

kenny drew TRIO paul chambers, philly joe jones

こちら私の愛聴盤、CDで持っていますがついにレコードで購入。盤質もバッチリでした。

f:id:Yamatai:20170707063117j:plain

詳細は過去記事ご覧ください。

今月はちょっと衝動買いをしてしまったのでレコードはもう買えないかなぁー

 

それでは!

 

 

レコードをめぐる冒険 (COMMITMENT/JIM HALL)

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

最近のお気に入りの古いレコードをご紹介します。

2週間くらい前にディスクユニオンで盤質Bでありましたがどうしても欲しかったアルバムなので購入しました(650円であります)。邦題は"哀愁のマタドール(アルビノーニのアダージョ)とSide A(日本語のライナーノーツでは第1面とあります)の3曲目の曲をタイトルにしています。なぜでしょうか?この当時(1978年)はとにかく何でもかんでも訳すことを良しとしたのでしょうか?

f:id:Yamatai:20170704123347j:plain f:id:Yamatai:20170704123438j:plain

そういえばJeff Beckの名曲(原曲はStevie Wonder)も”悲しみの恋人達”と原題がCause We've Ended As Loversなので直訳すると"私たちは恋人として終わった"なのでこの邦題は名訳といえば名訳ですかね... なんか尾崎紀世彦の”また逢う日まで”みたいな世界ですかね... 

 

話は大きく逸れましたがこのCommitment(やはり原題が正しいと思えるのでこう呼びます)ですがJim Hallが当時、親しくしている音楽性が通じるメンバーを集め製作された意欲的に作品と言われています。

 

この前年の発表されたConcierto(アランフェス協奏曲)は大ヒットし彼の代表作ですがこのCommitmentもその余韻を残したような感じの、むしろ少し肩の力の抜けた個人的には好印象に思えたりします。Conciertoのポール・デスモンドとチェット・ベーカーのソロとかやはり凄いなぁと思いますが... どちらのアルバムか選べと言われると激しく抵抗すると思います。

 

さてCommitment、参加ミュージシャンがArt Farmer 、Tommy Franagan、Ron Carter、Allan Ganley、また奥さんであるJane HallもWhen I Fall in Loveでヴォーカルで参加しています。Art Farmer のフリューゲルホーンも全編、非常に心地よく..... なんだかこのアルバムBGMとして心地よく、70年代以降のイージーリスニング化したJazzの流れの中でも受け入れやすいタイプのスタイルなのかもしれません(決してラウンジ向けの音楽だという意味ではなくて、誰からも分かりやすい)。

 

Jazzの音楽としてのピークは50年代のハード・バップと考える人が多いと思いますが... 70年代のJazzが洗練化していった流れの中で代表と言える1枚だと思います。このアルバムも何回聞いても飽きない... ひょとしたら無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?その時は候補の1枚になると思います。

 

過去のJim Hallネタの記事もよろしければどうぞ!

yamatai.hatenablog.jp

CDをめぐる冒険... July03-2017(The KENNY DREW Trio)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こんにちはYamataiです。

昨日は少し飲み過ぎてしまいました。

今週は酒量を控えようと今は思っていますが... 夕方あたりになると...

 

さて月曜日です。

今日はちょっと長い付き合いのとなっている愛聴盤CDをご紹介します。

 

Kenny DrewのThe Kenny Drew Trioです。このCD... 20bit K2プロセッシング... ビクターが開発したテクノロジーのようですが... 音質云々は正直気にして聴いたことはありませんがアナログ・マスター・テープを使用しているというCDです。近所の新星堂で買ったような記憶?かれこれ10年以上前に購入したと思いますが未だによく聴きます。この2人の子供のジャケットが印象的で何気なく買ったのですが... 

f:id:Yamatai:20170703093252j:plain 

このCDを買った頃はコルトレーン、エヴァンス、キース・ジャレットあたりのCDを漠然と聞いていたくらいでJazzというジャンルの音楽をそれほど熱心に聞いていたわけではなかったので当然、Kenny Drewって誰だ?と思いながらBGMとしてよく聞いていました。

 

Jazzに惹かれていったのはやはりエヴァンスあたりの数々の代表作の思索的な世界... キース・ジャレットのアヴァンギャルドでアーティスティクの作品あたりは本当にカッコ良いと思ったからでした。しかしその実、ちょっとハードルの高さを感じたりもします。ましてやBGMなんぞで聴くことが許されなような高尚な世界に感じていました。その感覚は今でも結構あったりしますが... 音楽にも気軽に楽しめるもの(BGMや車を運転している時)... vs 集中して聞くような種類と2種類ある気がします。この辺りの話はもう少し煮詰めていつの日か持論を説いてみたいと思います(大げさに出ましたが...)。

 

対してKenny Drew Trioのアルバム、聞けば聞くほど馴染んでくる質の良いデニムのようであります。大きな魅力としてPaul Chambers、Philly Joe Jonesと当時(1956年)のマイルズのリズムセクションを担っていた2人がバックを務めています(ライナーノーツに書いてありますが、私も深く同意)。

 f:id:Yamatai:20170703093420j:plain

このアルバムの中で好きな曲の1つがThelonious Monk曲である"Ruby My Dear"です。この曲に関してはライナーノーツにケニー自身の見解として"この美しいチューンはかなり引き込んでいるけれど決して飽きることはない。多くの人は見逃しているのがモンクの作品は本当に叙情的だということだ"。と記載(上の写真)されてます(適当な訳ですいませんが)... 

 

このアルバムCome Rain or Come Shine、When You Wish Upon a Star、 It's Ony A Paper Moonと珠玉のスタンダードナンバーを含む8曲すべてKenny Drewのブルージーで力量を感じるプレイを堪能できるアルバムであります。彼の他のアルバムも魅力溢れるものが多いのですが、端的にこのアルバムの魅力はトリオという形式であまり小難しくなく全編、非常にリラックスしている点にあるのではないかと思います。

 

Duke Jordan(彼もデンマークに渡っています)、Art Farmer、Paul Desmond、Jim Hallと燻銀的なプレーヤー好きの私としてはKenny Drewも外せないプレーヤーといえます。この名盤、The KENNY DREW Trioもレコードで持っておきたいと思っています。

The Kenny Drew Trio

The Kenny Drew Trio

  • ケニー・ドリュー
  • ジャズ
  • ¥1200