読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamataiの日記

60年代生まれ好きな音楽、本、写真、モノとか脈絡なく綴ります...

You Must Believe in Spring...

音楽 jazz

こんにちはYamataiです。

音楽の話です。

というのも先週行った新宿御苑の写真を見ながらビル・エヴァンスのYou Must Beleive in Spring というアルバムを思い出したからです。 

タイトルから春を連想すると少し肩透かしを食らうエヴァンスらしく繊細で叙情的なアルバムです。この作品でジャズピアニストとして前人未到の高みを極めたとも言われています。

You Must Believe In Spring

You Must Believe In Spring

  • ビル・エヴァンス
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

このアルバムのどの曲も繊細でガラス細工のようなで温かみのある春のイメージのある曲はありません。

 

当時のエヴァンスが直メいいしていた状況...

恋人の自殺、音楽教師であり非常に影響を受けた実の兄の自殺など、それらをテーマにした曲もあり親しい人の死に直面したエヴァンスの感情がストレートに伝わりあまり聞き流して聴くにはふさわしくない重い感じがするのは気のせいでしょうか... 

We Will Meet Againは兄ハリーに捧げる曲です。

ウィ・ウィル・ミート・アゲイン

ウィ・ウィル・ミート・アゲイン

  • ビル・エヴァンス
  • ジャズ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

タイトルのYou Must Believe in Spring ですがオリジナルのタイトルはCHANSON DE MAXENCE(マクサンスの歌)。フランス映画「ロシュフォールの恋人たち」で使用された名曲、作曲はミシェル・ルグラン。

You Must Believe in Spring

You Must Believe in Spring

  • ミシェル・ルグラン
  • ジャズ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

歌詞はかなり平たく言えば、どんなに孤独であろうと冬の終わりには春が訪れる、だから春、愛を信じなければいけないといった内容です。

 

この曲をセレクトした当時のエヴァンスの心情はいかなるものだったのでしょうか?

 

70年代、永年の薬物依存による体調不良にもかかわらず弾き続けピアニストとして頂点を極めたエバンス、80年9月に亡くなります。

 

春の訪れをエヴァンスが信じていたのかは判りませんが冬の終わり哀しみが未だ少なからず漂う今ぐらいの季節にはこのアルバム、オススメです。

 

トニー・ベネットとの共演したYou Must Believe in Springも渋いです。

You Must Believe In Spring

You Must Believe In Spring

  • トニー・ベネット & ビル・エヴァンス
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

女性ヴォーカルであればエミリー・クレア・バーロウ、オススメです。

YOU MUST BELIEVE IN SPRING

YOU MUST BELIEVE IN SPRING

  • エミリー・クレア・バーロウ
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

さて春の到来、心静かに待つのも良いですかね。

f:id:Yamatai:20170227204222j:plain

 

 

 

 

 

 

新宿御苑に行ってみた...

写真

こんにちはYamataiです。

2月がやはり逃げるように去って行ってしまいます... 

春を感じざるを得ない今日この頃ですが... 

花粉症に悩まされる方には辛い季節の到来ですね...

 

いやいや先週ふらりと新宿御苑に行ってみました。

東京生まれでありながら初めて中に入りました。

平日なので空いて思いきや観光客も多く意外と賑わっていました。

入園料は200円です。年間パスポートが2000円であるそうです。

f:id:Yamatai:20170227143809j:plain

2時間ほど散策しましたが趣があり早春の花(ツバキカンザクラ、オカメ等)が咲き始めでカメラ、スマホで熱心に撮影する人々が多くいました。

日本庭園は特に人が多く賑わっていました。

一足早い春の到来を満喫しているのでしょうか?

f:id:Yamatai:20170227144017j:plain

日本庭園では茶室もあり海外からのお客さんを案内するのにも良いかもしれません。

他にもイギリス風景式庭園、フランス式整形庭園があり近代西洋庭園の名園と言われているそうです。

f:id:Yamatai:20170227144111j:plain

f:id:Yamatai:20170227144223j:plain

f:id:Yamatai:20170227144629j:plain

https://www.instagram.com/p/BQ5DGU8hKpc/

https://www.instagram.com/p/BQ5CombBN32/

大温室は2012年にリニューアルされたようで南国気分が味わえます。

f:id:Yamatai:20170227142742j:plain

f:id:Yamatai:20170227142638j:plainf:id:Yamatai:20170227142836j:plain

f:id:Yamatai:20170227142913j:plain

f:id:Yamatai:20170227142953j:plain

f:id:Yamatai:20170227143040j:plain

歴史的建造物も多く都心の真ん中にいることを忘れることができる不思議な雰囲気を漂わせています。下の写真、旧御凉亭は昭和2年に昭和天皇の成婚記念として建てられた中国南方の建築様式を取り入れた建物だそうです。

https://www.instagram.com/p/BQ6X5PmDiiC/

f:id:Yamatai:20170227143653j:plain

ちょっとセントラルパークを思わせる開放感が良いです(セントラルパークに行ったことはありませんが...)。

f:id:Yamatai:20170227142219j:plain

https://www.instagram.com/p/BQ6V7S4jFna/

 

詳細に関しては公園のホームページが大変見やすいです。

是非、ご参照ください。

fng.or.jp

さて結論として新宿御苑のような公園、実にセントラルパークのような存在になってほしいものですが規模的に難しいのかもしれません。都内には代々木公園、上野公園、日比谷公園、井の頭公園など多くありますが、何と言っても新宿にこんなところがあったのかと行ってみて良かったです。

f:id:Yamatai:20170227152400j:plain 

また1人で公園に行くのも悪くないものです。特に目的もなくふらりカメラを持って歩いていると近所の公園では怪しい目で見られることも多いですが新宿御苑ではそのような人も老若男女多く気兼ねなくカメラをぶら下げて歩けます。f:id:Yamatai:20170227144459j:plain

f:id:Yamatai:20170227152508j:plain

あと1ヶ月もすると春らしくなり公園も人で賑わうでしょうが今の季節、ちょっと冬の気配が残る時期の公園もオススメです。

f:id:Yamatai:20170227152136j:plain

帰りは寄り道して一杯。

至福の瞬間でもありました。

 

 

 

 

 

不朽の名作、いとしのレイラ(その4)

EC 音楽

こんにちはYamataiです。

2枚目のB面、いよいよラスト4曲となりました。

アルバムは佳境を迎え名作レイラが登場しますがその前に2曲あります。

Little Wing

Little Wing

Little Wing

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ご存知、ジミヘンの曲です。ウィットロックとクラプトンのボーカルの掛け合い良い感じです(この曲に限らずですが...)。ウィットロックのワイルドでありながらどこかメローなボーカル、クラプトンのボーカルと相性が抜群だと思います。デュエイン、クラプトンのギターもドラマチックな冴え渡りますが、やはり敢えて言うとボーカルが光る曲ではないでしょうか。

It's Too Late

It's Too Late

It's Too Late

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

チャック・ウイルスの作品。バディ・ホリー、オーティス・レディング等にカバーされている名曲。この曲も含めてアルバム内のカバー曲ですがテーマ(恋い焦がれる)に沿っていて全体にうまく馴染んでいる気がします。唯一のカントリー調の曲です。ウィットロックとクラプトンの"コールアンドレスポンス"と言われるいわゆる掛け合いのボーカルがここでも良い感じです。

"彼女は行っちまったー、もう遅いー... "と嘆きながら次、アルバムのテーマとも言える曲、そしてクライマックスに向かいます。

 Layla

Layla

Layla

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

独特のギターフレーズはデュエインのアイデアだったようです。後半静寂なコーダの部分はドラムのジム・ゴードンが自分のアルバムの曲として温めていたメロディーであったものをクラプトンが気に入り懸命に説得し使用に至ったという経緯があります(本当は当時のジムの恋人、リタ・クーリッジの作ではないかとも言われています)。

このアイディアにウィットロックは反対だったと言われています。

皮肉な事に、この曲によってジム・ゴードンは後、長きに渡り莫大な印税が入ったのですが自身はドラックにより早逝してしまいます。この印税の取り分も含め彼の行動がバンドに解散の大きな要因であったとも言われています。

 Thorn Tree in the Garden

Thorn Tree In the Garden

Thorn Tree In the Garden

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

アルバムの最後を飾る渋い曲です。ウィットロックの制作した曲で愛犬を手放した時の思いを綴った曲のようです。ボビー・ウィットロック、アルバムを通して非常に重要な役割を果たしていると思います。

 

ボビー・ウィットロック、デュエイン・オールマン、カール・レイドル、ジム・ゴードンとメンバーすべてが重要な役割を担い、最高のパフォーマンスを示したほんの短い期間の奇跡とも言える作品であると今更感じています(実際、デレク&ドミノーズはスタジオ制作のアルバム一枚のみで解散)。

 

当たり前ですがこの若き日のクラプトンの渾身のアルバム、レイラ、もし無人島に1枚しか持っていけないとしたら間違いなく候補の一枚です。

 

考えてみたら中2の頃からこのアルバムを聴いているので、そう考えると今だに色褪せない、いや新たな発見があることも驚かされます。

 

クラプトンに至っては私的な欲求、友人の妻を振り向かせるためにこのアルバムにすべてを捧げた。不純なのか純情なのか分かりませんが恋にトチ狂った男であったのが嫌というほど判るアルバムです(当時25歳なので...)

 

またウィットロックとの曲作りの作業が後のクラプトンの進化につながったことを考えるとこの彼の貢献度は計り知れません。

 

クラプトン本のご紹介。Laya制作の舞台裏が赤裸々に綴られています。

デレク&ザ・ドミノス インサイド・ストーリー―名盤の裏側

デレク&ザ・ドミノス インサイド・ストーリー―名盤の裏側

 

 

 

 

不朽の名作、いとしのレイラ(その3)

EC 音楽

こんにちはYamataiです

 

さてレビュー、その3です。

2枚目のA面です。

 Tell The Truth

Tell the Truth

Tell the Truth

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ちょっとリラックスしたナンバー。出だし"ウッ、チィ、アオッ" と奇声を上げております。ウィットロックの南部系のノリなのでしょうか? かなりワイルドでブルージーなボーカルが聞けます。

この曲、オリジナルがジョージ・ハリスンのソロアルバム、1970年発表の"All Things Must Pass"のジャムセッションの際、ロンドンのスタジオで録音されたました。Derek&Dominosとしてクレジットされた記念すべき最初の曲です。バンドメンバーとギターにはジョージ・ハリスン、デイブ・メイスンが加わり名プロデューサー、フィル・スペクターがプロデュースし、全米でシングルで発売。即座に回収となりました。

理由はスペクターの制作側で手違いがあったようです。結果、クラプトン、ウィットロックのボーカルのトラック部分が差し違えら20%くらい速いテンポで聞こえる本来の曲の意図が損なわれてしまったようです。当然、そのバージョンはメンバーが納得できなかったこようです。この幻のシングルバージョンはコレクターズアイテムになっているようです。Histroy of Erice Claptonという編集盤で聞くことはできますが... 

お好きであればどうぞ...

History Of Eric Clapton

History Of Eric Clapton

 

 

 Why Does Love Got to Be So Sad?

Why Does Love Got to Be So Sad?

Why Does Love Got to Be So Sad?

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

アルバム内ではLaylaにも比する情熱的、パワフルな曲です。邦題は"恋はかなしきもの"。ウィットロックがバックボーカルでWhy Does Love Got to Be So Sad?と繰り返すところがかっこいいのですが、この邦題が頭によぎるのがちょっと嫌ですかね...

なんともクラプトンとデュェンのギターの掛け合いが凄すぎると長年信じてきましたが実はクラプトン1人の多重録音らしいです。異論を唱える人も多いのですがクラプトン、やっぱりすごいんだと素直に納得します。

 Have You Ever Loved a Woman

Have You Ever Loved a Woman?

Have You Ever Loved a Woman?

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ブルーズの名曲。Billy Myles作曲。邦題が"愛の経験"。何か昔のフランス映画のようですが、この曲、数多くのブルーズマンたち演奏していますがクラプトンバージョンではやはり巨人たちの前では上品に聞こえます。

例えば...


Freddie King - Have You Ever Loved A Woman - Sweden 1973

ギターのストラップが片側にしかしてません。なぜでしょう... 

ギブソンの335が小さく見えますが。

しかし、熱い。これがブルーズマンなんだとよく分かります。敢えて言うとクラプトン、やはりブルーズをメジャーな音楽にした功績は大きいと思います。

実際、クラプトンを通してブルーズの源流をたどる人(私もそうですが)が多いのも事実であります。

 

フレディ・キングはクラプトンの憧れのブルーズマンの1人。

彼が使用しているという理由でレスポール、ゴールドトップを所有しているようです。

 

よろしければ...

 では次回、レイラのレビューは最終回です。

 

 

 

不朽の名作、いとしのレイラ(その2)

EC 音楽

こんにちはYamataiです。

いとしのレイラのレビュー、その2です。

中学生の頃、レコードで買って愛聴していたのですが... 

デジタル化の波でレコード処分した際に手元に残さず消えて行きました。

買った人には返してもらいたいですが... 

 

手元に残したクラプトンアルバムと言えば

461 Ocean Boulevard

Slow Hand 

No Reason To Cry 

Another Ticket 

となんとも渋いセレクションです。

今更ながらレコードを売ってしまったのが悔やまれます。

2008年に限定で販売されていたようですが、それも入手困難なようです。

 

そういえばハイレゾの音源をダウンロードしたりもしましたがどこかに行ってしまいました。

 

まあ諦めましょう... 

 

一点、デュアン・オールマンの名前ですが正確にはデュエインと記載されている場合もあります。外人には"デュエイン・オールマン最高だぜ!"と正確に発音しましょう!

 

それではレビューの続きです。

今回は1枚目のB面です。

 5. I Am Yours

I Am Yours

I Am Yours

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 アルバム内で数少ないアコースティクな曲です。作品のクレジットにクラプトンともう一人Nizamiの名前が記載されています。その人物とはレイラの原点となる古典『ライラとマジュヌーン』の作者であると言われています。バックのパカラパカラと聞こえるパーカッションが良い雰囲気です。

 6. Anyday

Anyday

Anyday

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 クラプトンとウィットロックの共作。名曲が満載のアルバムの中では若干、埋没気味ですが、実にストレートなラブソング。ボイドに焦がれる気持ちが切々と伝わります。ウィットロックのボーカルもここではワイルドで良い感じです。この曲でのデュアンのソロも抑揚が効いており、やはりその力量を感じざるを得ません。

 7. Key to the Highway 

Key to the Highway

Key to the Highway

  • デレク・アンド・ドミノス
  • ブルース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 シカゴブルーズの礎を築いたビック・ビル・ブルーンジーの名曲。多くのアーティストにカバーされています。アルバムでのこの曲の邦題が"ハイウェイへの関門"とあり物議を醸し出しているようです。曲の冒頭がフェードインで始まるのは録音をしていない時のジャムセッションがあまりに良いので急遽テープを回したという逸話が残っています。デュアンのソロも冴え渡っています。しかし、この曲10分近い長さで昔はスキップしたものですが、この歳になると結構、癒されるものです。 

 

総括するとレコード時代、この盤面にあまり針を落とさなかった記憶が鮮明にあります。それが長い年月が経過した今、再評価しています。歳をとると嫌いなものがなくなるのと同じことなのでしょうか???

 

さてさて次は2枚目に入ります。



不朽の名作、いとしのレイラ(その1)

音楽 EC

こんにちはYamataiです。

いとしのレイラ、エリック・クラプトンの代表するアルバムです。

今更ですが最近、このアルバムの面白いレビューを見て触発された次第です。

www.kanakore.com

いつもながら、かな子さんのレビュー、読むとホクホクした気分になります。

ちなみにうちの娘はお父さんのコレクションには一切手に触れず、勝手に私のアカウントのiTunesで好きな曲を買い漁っています。

 

Layla & Assorted Love Songs

 

Layla (40th Anniversary Version / 2010 Remastered)

Layla (40th Anniversary Version / 2010 Remastered)

  • アーティスト: デレク・アンド・ドミノス
  • 出版社/メーカー: Universal Music International Ltda.
  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 "レイラとラブソングの詰め合わせ"とでも訳すとがっかりですが、クラプトンが渡米後参加していたデラニー&ボニーのメンバーであったベースのカール・レイドル、ドラマーのジム・ゴードン、キーボードのボビー・ウイットロックが参加。彼らがバンドを脱退するタイミングですかさずバンド結成を持ちかけたと言われています。

 

さてさてデレク&ドミノーズの唯一のスタジオ録音アルバム、トム・ダウトがプロデュース、デュアン・オールマンの参加とまさに万全を期したアルバムでありましたが当初、全く売れず、特に曲が長すぎてラジオ曲では敬遠されたこととバンド名にクラプトンが入っていなかったことも原因であったとされています。

 

全体を通してクラプトンの声が若い... 枯れた感じでは全くない。クリーム時代からこのアルバムまでのヴォーカルはなんか一生懸命感が強く、以降の枯れた、抜けた感じの歌い方とは対照的でもあります(加齢で変声したんでしょうか)。

 

3大ギタリスト、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、エリック・クラプトンですが。クラプトンが一番、保守的であるような見方もありますが個人的にはアメリカに渡り、アメリカ人の編成のバンドで自らの音楽を探求した彼が保守的であるとは思えません。

 

本国、イギリスの名声に執着せずアメリカに渡ったのですから立派だと思いますが...

音楽の探求者であると言って良いですね。

 

それでは楽曲紹介です(名アルバムにつき2枚組を片面ずつ計4回レビューしやす)

1. I looked Away

出だし爽やかなラブソングと思いきや歌詞を見ると去ってしまった彼女に関しての曲です。全体を通してボビー・ウィットロックがバックで渋くボーカルをサポート、途中、メインのヴォーカル部分で彼がリードする部分の歌詞が意味深であります。

it seemed a sin to love another man's woman

誰のことかは容易に分かります。

許されない恋、思いに悩む当時、25歳のクラプトンの気持ちが切実に伝わります。途中のボビーのヴォーカルも

 

2. Bell Botom Blues

クラプトンのオリジナル。滅茶苦茶カッコいー曲です。こればかり聴いている時期がありました。ベルボトムの意味に関して幾つかの説がありますが、例えば彼女、パティ・ボイド(当時はまだジョージ・ハリスンの奥さんです)とお揃いで買ったエピソードで会ったり、ツアー中、ペティヘのおみあげで買ったベルボトムのジーンズあったりと... 

 

諸説はさておき歌詞はドロドロの思いを描かれており、もうやばい心情に達してきてますね。男の弱さを丸出しにできる人なのですかね... クラプトン、すごいと思わせる歌詞であります。またギターソロが歌っているようだし、この曲でのボビーのボーカルの入りですが中々、抑揚が効いています。

 

こちら2000年の2人の再演です。ボビー・ウィットロック、もっと注目されても良いですよね... 


Bobby Whitlock and Eric Clapton - Bell Bottom Blues

 

 3. Keep on Growing

ちょいアップテンポな曲。改めて聞くと味わいの深い曲であります。クラプトン、ウィットロックとの共作。ウィットロックが途中3回ほどリードボーカルをとるパートの歌詞が何か啓示的な内容で...

"僕は若く、あっけなく迷路に入り込んだ。そこにあなたはやってきて"愛がすべてを解決する"と告げた。

後の2箇所も何か神の啓示がかった歌詞内容となっていてクラプトンのボーカル部分との掛け合いのようになっているんですかね... 

 

最後はkeep, on growing, keep on going, keep on flowingと言い換えられてます。アルバムの中ではちょっと埋没してますがボビー・ウィットロックのバンドでの重要度がよく分かる楽曲です。

 

 4. Nobody Knows You When You're Down and Out

Jimmy Coxの名曲。これほどのブルーズの名曲はないと思います。オーティス・レディングもカバーしています。クラプトンのギターがまさに泣いております。4分14秒以降のコード進行が気分をズトーンと下げてくれます。孤独に噎び泣きた時にピッタリの曲とも言えます。そんな曲なんで聞くんだと言われても困りますが... 

 

似たタイトルでNobody Loves You When You're Down and Outというジョン・レノンの曲がありますがそちらのズトーンと気分を下げる名曲でございます。

 

 

ここまででアルバムの1枚目のA面が終わりました... 

 

続く...

 

 

 

 

 

α7sを買いました...

写真

こんにちはYamataiです。

 

中野のカメラショップ... 

知る人ぞ知るどころか...

カメラ好きの聖地と言えるその店に引き込まれるように...

先週の金曜、昼下がり店に入って行きました。

f:id:Yamatai:20170220093618j:plain

平日の割に人が多い...

週末写真を撮りたくてそのため準備のかねて買い物するのか...

ショーケースを物色して何かあればすかさず捕獲するハンター達...

使い方を熱心に聞くカメラ女子二人組...

この店には独特のオーラがある...

 

手元には...

2年近く付き合ってきたα7IIが...

レンズを外しボディキャップが口封じされているかのように嵌められ...

取扱説明書、バッテリーチャージャー、アイカップ(その前の週に新調されたばかりで会ったが...)、一度も使わなかった純正ストラップが色褪せたDankeの小さなカバンに詰め込まれてた。

 

店に入ると"買取で..."と伝えるまでもなく、一人の店員が用件は合点しているかの如くすでに目の前に立っている。電話番号を伝えると素早くデータを確認し名前が告げらる。

 

一連の儀式を終えると"買い替えですか?”と聞かれ必要以上に動揺する。

このカメラの何が悪かったのか... 

ちっとも悪くないのである。

ライカM-Dという酔狂のカメラの影でもっぱら2番手となり出番が減っただけなのである。

 

敢えて理由をつけると...

-オールマイティで面白くない

-意外と高感度が良くない

(性能という意味でなく)

-ここ重要ですがシャッター音が好みでない

-バッテリーがあっという間になくなる...

 

トレードしたのは...

まさかのCanon 6Dの新しいキットセットが在庫切れなのはショップのサイトで確認済みで... 

候補から消えていた... 

f:id:Yamatai:20170220090900j:plain

酔狂とも言えるα7のファーストモデルのS。

酔狂でもないかもしれない。II型のSには手が出ない。

I型に尽きる... 強がって見せる...

Sは誤解のないようにSensitivity、感度に強いが画素数少なめ、1200万画素のモデルであります。無いへそくりを振り絞り追い金を払い購入... 

 

週末、早速、撮りまくっています。

f:id:Yamatai:20170220091809j:plain

大好物です。

f:id:Yamatai:20170220091900j:plain

行ったことはない店ですが... 毎日前を通ります。

f:id:Yamatai:20170220092105j:plain

近所の少し有名な神社。

f:id:Yamatai:20170220092236j:plain

よくわからないですがよく写真に撮る被写体。

f:id:Yamatai:20170220092632j:plain

ハイライトがよく残っています。

f:id:Yamatai:20170220092706j:plain

感度12800も余裕です。

f:id:Yamatai:20170220092740j:plain

ズミクロンともよく合います。

f:id:Yamatai:20170220092828j:plain

RAWに少々手を加え(あえて周辺を落とし)

f:id:Yamatai:20170220094004j:plain

夜の散歩が楽しくなりそうです。

f:id:Yamatai:20170220094047j:plain

描写力はいいです... 

f:id:Yamatai:20170220094138j:plain

印象的な被写体がありました。逆光も絵になります。

f:id:Yamatai:20170220094235j:plain

その神社で... なぜ石をここに集めているのでしょうか?おまじない?

f:id:Yamatai:20170220094428j:plain

心を清める.... 

f:id:Yamatai:20170220094503j:plain

撮りすぎ注意です...

 

I型いいですね... 小さいし表面がつるっと昔のカメラみたいです。

 

何が良かったかー

  • 静音シャッターがある(これが一番の魅力かも)
  • ファイルサイズが小さくて良い
  • 写りが自然である(画素数が少ない分のメリットか)?*画素が少ないと一つの画素が大きくなり光をより取り込むことができるそうであります。
  • II型よりデザインが好み

今の所、大満足、ギターの先生のライブでも活躍しそうな高感度性能で楽しみは広がるばかりです。 今のところLeicaは全く違った愛着を感じるカメラになりそうな気がしています。